「マンゴスチンの恋人」ネタバレと感想!無料試し読みも紹介

「マンゴスチンの恋人」のネタバレと感想です。

元々は、同名の小説が原作で、コミカライズされたものだそうです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「マンゴスチンの恋人」無料試し読みへ(スマホ版

BookLive「マンゴスチンの恋人」無料試し読みへ(PC版

「マンゴスチンの恋人」のネタバレ

男でも女でもないインターセックス(ふたなりや乳房が発達すること)である少年。

幼馴染の男友達を好きになってしまった少年。

 

幼少の頃のトラウマで男の子と付き合えない少女。

同性愛者であることを話そうか迷う教師。

4つの話から構成されています。

 

 

1話目は美少女・ミモリとチビオタのお話です。

チビオタくんが自分の体が男でも、女でも無いのではないか。

そのように感じて悩んでいることを、ミモリに話します。

 

2人には、共通点があって、男女関係にうんざり、流行りをすぎたアーティストが好き。

こういった共通点もあって、徐々に2人は惹かれていく話となっています。

チビオタくんは自分が女の子になったら、ミモリとずっと一緒にいられるかなー。

なんて結構呑気なことをさらっと言います。

 

君、悩んでたでしょ?と思いましたが、これはこれでいいのかも。

漫画では2話目に配置されているのが、幼馴染の男友達を好きになってしまった話。

実は、この話は語り手が女の子であって、ほろ苦い感じで締めくくられます。

 

3話目は表題通りのお話で、幼少の頃のトラウマを持つ少女が同棲の年上女性に惹かれていく話です。

4話目が教師の同性愛。

どう打ち明けるべきか、と悩みかつての恋人に会いに行こうとするお話です。

 

原作とは話の順番が少しだけ変わっているのも漫画の特徴ですね。

それぞれの話については、言葉で表すと短く感じますが、内容は興味深いものとなっています。

 

ぜひ、詳しい詳細は読んで楽しんでみてください。

まんが王国「マンゴスチンの恋人」を読む(スマホ版

BookLive「マンゴスチンの恋人」を読む(PC版

読んだ感想について

ミモリとチビオタの話が比較的一般受けしやすいでしょうね。

以降は、基本的に同性へのアプローチとなりますので。

個人的には、同性同士の話であれば表題にもなっている「マンゴスチンの恋人」が好きですね。

 

流石、年上の人妻という感じで、上手にリードしてくれています。

人生経験も豊富なので、「マンゴスチンの恋人」の主人公である季里子を導いている感じがして好きですね。

 

また、感性的な話に移ればミモリが一番ストレート。

男と女って近いのに、ヤッた後に男と女に完全に分かれてしまって・・・と思い悩みます。

男とか女とか関係なく付き合えて、そのまま遊べていれば気楽でいい、という考え。

 

これって誰もが思春期に思い悩むことで、その気持ちをストレートに表現しているのが好印象でした。

今の自分が昔に戻ったら、もっと上手く男女関係は円滑だったろうし、友達との付き合いも気兼ねなくできたんだろうな、とか。

そういったことを良い意味でも、悪い意味でも思い返させてくれました。

まとめ

主人公がぐるぐると変わるものの、基本的に起きている場所っていうのは同じ場所。

なので、別の話で出てくる人が繋がりを持っているのも特徴的ですね。

一旦、読み始めてしまったら手が止まらない作品です。

 

その後は、原作の小説にもてを出してみるのも良いかもしれませんね!

私も原作小説に手を出そうかなって考えましたので。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「マンゴスチンの恋人」を読む(スマホ版

BookLive「マンゴスチンの恋人」を読む(PC版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です