「サツリクルート」あらすじとネタバレ!単行本で読んだ感想もあり

「サツリクルート」のあらすじとネタバレです。

単行本を読んだ感想もあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「サツリクルート」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「サツリクルート」無料試し読みへ(PC版)

「サツリクルート」のあらすじ

突然日本を襲った「スコーチド」大恐慌。

以前からの経済不況に苦しんでいた国家はこの大恐慌を乗り切る余力は残っていませんでした・・

そんな中、着々と財力、権力を温存していた企業がありました。それは「4大財閥」。

 

企業や銀行、ありとあらゆるものを取り込みスコーチドに悩む国家を助け、大恐慌の危機を脱した。

そんな4つの財閥に支配された日本では壮絶な就職戦線が待っていたのです。

ネタバレについて

ある企業の採用面接試験に現れた一人の学生。

彼は財閥から採用内定を数多くとる「蓼丸カズヤ」。

相手の趣味、趣向を読み取る特殊な特技を持っています。

 

カズヤは4大財閥の一つ蓼丸財閥のCEOの子息、次期CEOは間違いないといわれていたのですが、父親の失脚により蓼丸財閥を追われ一般の学生たちと共に過酷な就職活動をしなければいけない事態に・・・。

そんな失意のカズヤの前に「アガリ」という悪魔が突然現れます。

 

カズヤは蓼丸財閥以外の3つの財閥の採用試験をすべて合格し蓼丸財閥に復讐したいと言います。

アガリはそんなカズヤに直前の発言を取り消すことができる「消去(デリート)」という能力を授けます。

この能力は受け取ると採用試験に落ちた時点でカズヤは死に至るという恐ろしいものですが、カズヤは受け入れます。

 

他にもやはり悪魔から能力を授けられた者たちも登場してきますが、それぞれの能力を駆使し、ストーリーが進むのですが、カズヤ達はこの恐ろしいリクルート活動をどう乗り越えていくのでしょうか?

 

この恐ろしいリクルート活動の続きは、あなた自身で目を通して物語の詳細を確認してみてください。

まんが王国「サツリクルート」を読む(スマホ版)

BookLive「サツリクルート」を読む(PC版)

感想

もしも、今日本に大恐慌が来たら・・と想像するとありえない話ではないので、恐ろしいですね。

就職活動に失敗した人たちが集団でビルの屋上から飛び降りるってすごいなーと。

財閥だけが権力を握ると、とてもいびつなパワーバランスになるので、権力を分散させることって大事だなと思いました。

 

就職活動失敗=死って・・・。

緊張感が半端じゃないですよねー!

悪魔が出てきて契約をするというような漫画はあまり興味がなく今まで手を伸ばしていませんでした。

 

しかし、この作品に出てくる悪魔はユーモアがあり、お茶目な部分もあるので女性でもすんなりとストーリーに入れると思いますよ!

他の悪魔から能力をもらった登場人物も新たに出現してくると、それぞれが能力を使った駆け引きやトラップがちりばめられていて話が複雑かつ面白くなってきました。

 

私はよく読み込まないとなぜそうなったのかがわからないことが何ヶ所かありました!

理解できると、「そういうことかー!」と納得しスッキリします!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「サツリクルート」を読む(スマホ版)

BookLive「サツリクルート」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

jun1225です。趣味は読書をしたり、映画を見たり、音楽を聴いたりと筋金入りのインドア派なのですが、最近は太り気味なので、少し運動もしなければ・・と焦り気味の今日この頃です。好きな漫画のジャンルは、漫画なら何でも読みますが、特に好きなのは胸がキュンキュンするような少女漫画とシュールなギャグマンガをよく読みます!