「さよならさよなら、またあした」ネタバレ!感想や試し読みもあり

「さよなら、さよならまたあした」のネタバレです。

なかなかに考えさせられる内容でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「さよなら、さよならまたあした」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「さよなら、さよならまたあした」無料試し読みへ(PC版)

「さよなら、さよならまたあした」のネタバレ

生まれて間もなく心臓疾患が発覚し、余命20年と宣告された育。

無事になんとか育ち、高校にも入学。

そして、高校を卒業する日。

 

育は高校の教師であった、小林正嗣の元に嫁入りをしたのだった。

それは1999年の6月。

丁度、世の中で世紀末などと騒がれ、終末論で賑わっていた頃。

 

しかし、そんな終末論なんて結局訪れず、いつも通りのいつもの日常が繰り広げられる。

だが、1つだけ決定的に違うのは、育の寿命は少しずつだが、確実にジワリジワリと削られていることだけ。

自分の心臓疾患の重さ、病弱さは育自身がよく身に沁みている。

 

過去の自分は、どういう状況であったか。

どういうように生きてきたか。

全て、記憶と体で覚えているから。

 

余命宣言を受けた20歳まで、あと2年足らず。

当たり前のように生きてこられた日々は、もうあと少しで終わってしまう・・・。

 

他には、育の同級生や結婚した正嗣との過去話などが、時系列がランダムで入れ替わり挿入されています。

育がどのようになったのか。

 

その詳細は、あなた自身で本作に目を通して確かめてみてください。

まんが王国「さよなら、さよならまたあした」を読む(スマホ版)

BookLive「さよなら、さよならまたあした」を読む(PC版)

感想について

日々、当たり前のように生きていますけれど、明日にはどうなっているか分からないんですよね。

道路脇に車が突っ込んできて逃げられなかったら挟まれて死ぬし、寝ている時に心臓発作が起きたら死ぬだろう。

本当に、日々生きていることは幸運なんだろうな、と再確認させられる漫画です。

 

この記事を書いた時は、少し前に熊本の大震災がありました。

夜の10時過ぎとはいえ、寝ていることだってあります。

地震に気付かず寝続けて、実は潰れて圧死していた、というような事例もありました。

 

実際に、こういうことがあるんです。

もしかしたら、起きていられたら明日があったかもしれない。

もしかしたら、何かの下に潜り込んで救助を待てたかもしれない。

そういった「毎日生きている」有り難さを再度教えてくれる漫画でした。

 

また、育の人物像も素敵です。

頼りない旦那を引っ張る女房なんですけれど、なにせ明日死ぬかもしれない女房です。

だから、育が引っ張って引っ張って、正嗣のケツを引っ叩く姿は良い女だな、と思わされます。

 

実際、いい女だと思いますよ、育は。

絶対に惚れるだろうなぁ・・・。

まとめ

生きる、ということを主軸に起きつつも不器用な恋を描いた「さよなら、さよならまたあした」。

読んだ後に、必ず今日一日のことを振り返り、明日は良い日にするぞ!

と思わせてくれる素敵な漫画です。

私は読んで良かったな、と思いました。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「さよなら、さよならまたあした」を読む(スマホ版)

BookLive「さよなら、さよならまたあした」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です