「落日のパトス」1巻のネタバレと感想!無料試し読みも紹介

「落日のパトス」1巻のネタバレです。

読んだ感想についてもあります。

 

2巻の感想などについては、こちらです。

「落日のパトス」2巻のネタバレと感想

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「落日のパトス」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」無料試し読みへ(PC版)

「落日のパトス」1巻のネタバレ

漫画家として地道に活動していた藤原くん。

彼の住むアパートは後2年で取り壊されるので、低い家賃で暮らせていました。

ただし、「壁が薄く音が筒抜け」という条件もあって・・・ですが。

 

そんなオンボロの賃貸に隣人が越してくる、なんていう話を後輩のまさみから聞かされます。

物好きな人もいるんだなーと考えて、気兼ねのない暮らしもあと少しか。

と、感傷に浸っていました。

 

持っていく原稿も出来上がり、まさみを見送って部屋に残っていたまさみのタオルに気付きます。

ここで匂いを嗅いでしまうので、もう結構来てますね、藤原くん。

タオルの匂いを嗅ぎつつ、眠りにつき、隣人の引っ越し音で起こされました。

 

さらに、隣人の声も聞こえ、扉を開けます。

そこに居たのは、見知った顔。

高校の数学でお世話になった祐生先生(現:仲井真)でした。

結婚していて、苗字も変わっていたのです。

 

その日の夜、藤原くんは過去のことを思い出します。

先生に対して「何か」をしてしまったことを。

必至の否定、それと共に好意を持っていたことを。

 

そして、その時に向けられた先生の蔑んだような視線。

思い返している最中に壁の向こう側から何か音が聞こえます。

ドン、ドン・・・と。

 

その物音と同時に聞こえる甲高い声におびき寄せられ、藤原はベランダから隣の部屋を覗くのです。

ただ、気になって、ただ知りたくて・・・。

 

その先で藤原の見た物は・・・・!?

このワンシーンは凄いので、ぜひ本編に目を通してみてください。

Handyコミック「落日のパトス」を読む(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」を読む(PC版)

感想について

さて、藤原くん。

割とゲスですっ!

いや、マジでゲスですね!

 

一応、仕事はきちんとやっていたので「真面目系クズ」の分類に入りますが。

あと、童貞をこじらせてしまっているのか、割りと作中で酷い感じです。

タオルの匂いを嗅ぐのもそうですけれど、先生への劣情を隠しきれていません。

 

もう藤原くんは仕事よりも、完全に先生の私生活しか気にならない感じですしね。

仕事柄AVを沢山見てるけれど、先生ほどだらしない顔をしている人、めったに見ないよ。

なんていうようなセリフを1人でベランダで、何かしながら震えてつぶやくシーンは少し笑えます。

 

 

まとめ

作品が良いところで続くのも長い間、漫画家として活動してきているからです。

いやー、2巻を早く手にとってみたいな!と思わせる出来でした。

ぜひ、藤原くんのゲスな劣情っぷりを堪能してみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「落日のパトス」を読む(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」を読む(PC版)

 

同作者の前の作品は、こちらからどうぞ。

「はだかのくすりゆび」ネタバレと感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です