「落日のパトス」2巻のネタバレと感想!先生もその気になってきた?

「落日のパトス」2巻のネタバレです。

読んだ感想もあります。

 

1巻については、こちらに載せてあります。

「落日のパトス」1巻のネタバレと感想

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「落日のパトス」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」無料試し読みへ(PC版)

「落日のパトス」2巻のネタバレ

話の始まりも、やはり夫婦の営みからです。

先生は、お風呂に早く入って旦那の帰りを待っていたのでした。

そして、やはり今日もその音は、藤原くんの部屋に響いてくるのでした・・・。

 

さて、今回の見所としては、先生が感づいてしまった・・・?

という感じのシーンが挿入されます。

壁が薄いから・・・聞こえてしまったのかも・・・・、と疑心暗鬼な状態に。

 

一応、藤原くんよりも年上で大人なわけですから、様々なカマを掛けようとして、自爆する感じです。

先生と藤原くんが会話するこのシーンが印象的。

 

「か、カベが・・・薄いから・・・かな?」

「!?」

というシーンの先生の口元の汗の流れ。

また、藤原くんの目の見開くシーンは、読者側も口元が歪むことでしょう。

 

先生も先生で、かなり暴走しており、正直もう後戻りできない場所まで来てしまっています。

先生の暴走っぷりは、ぜひ本編のコマを読んで確かめてみてください。

Handyコミック「落日のパトス」を読む(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」を読む(PC版)

感想について

多分、先生はたった一言の一押しがあればオチます。

いや、もう完璧に。

理由探ってるだけじゃないか!と読んでいる時に思いました。

お互い壮絶なチキンレースを自ら開催していく勇気に乾杯せざる得ません。

 

それもしょうがない理由があるのですが、それは本編を読んでのお楽しみです。

そりゃ、もう少し知ってみたくもなりますよ。

と、思わざる得ません。

 

しかも、近くにこんな若い男で、過去に自分への好意を向けてくれていたのですから。

もう、物語的には引き金に「手を掛けた状態」ではなくて、引き金が引かれて「弾が発射される寸前」をスローペースで描写している状態です。

 

もう、あとヤるだけですやん・・・と呟かざる得ません。

正直、2巻で一線を超えても仕方ないことばかり。

むしろ、真面目系クズの藤原くんが飛びつかなかったのが意外です。

 

いや、真面目系クズだからこそ・・・かな?

勿体無いなーと思います。

自分だったら、絶対に座して待つことは出来ない状況ですね!

 

 

まとめ

そういえば、パトスって何かなーって調べたら、こう載っていました。

理知的な精神に対して、感情的・熱情的な精神。

うーん・・・・読んでいると理性とか吹っ飛んでる気がするんですけれど、何かの間違いかな?

2巻の傾向としては、焦らしプレイって感じでしたね。

3巻は開幕からガッツリいくのかなー、という期待を抱かせる巻でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「落日のパトス」を読む(スマホ版)

BookLive「落日のパトス」を読む(PC版)

 

同作者の前の作品は、こちらからどうぞ。

「はだかのくすりゆび」ネタバレと感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です