「やがて君になる」ネタバレと1巻の感想!無料試し読みも紹介

「やがて君になる」1巻のネタバレです。

感想についても載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「やがて君になる」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「やがて君になる」1巻のネタバレ

共学の高校に通う1年生の女の子・侑と2年生の先輩・七海の2人が主人公。

どうやら、侑の高校は部活動が強制的、なのかもしれません。

担任の先生も部活動を勧めてきます。

 

そこで、侑が勧められたのが「生徒会」でした。

生徒会に行く途中の校舎の裏で、1人の男子と1人の女子の告白の場面に遭遇。

気まずい感じですが、物音を立てず咄嗟に身を隠すしかありません。

 

結局、この女子にはバレてしまうのですが、彼女が先輩の七海。

告白された人数は10人を超え、中には女の子にまで告白されている猛者。

曰く「特別」が分からないのだとか。

 

好きになるという気持ちがよく分からず、半端な気持ちで付き合うのは良くない。

という感じで侑に言いました。

 

一方、侑も少し小さな問題を抱えています。

侑は高校入学前に、3年間クラスが同じ男子に告白をされていました。

その間も連絡は取り合っていましたが、ずーっと返事はお預け状態。

 

その返事をどうやって返そうか悩んでいて、先輩の七海に打ち明けます。

侑も七海と同じく、恋というものがどういうものなのか、いまいちピンと来なかったのです。

先輩に手を握られ、告白してきた男子に返事を電話でして、無事に1つの問題が解決。

 

したかにみえました。

七海は侑を引き寄せて言葉を発します。

「だって私 君のことを好きになりそう」と。

 

先輩と後輩。

恋愛の「特別」が分からない女の子2人の物語が今始まったのです。

 

一度読み出したら、ニヤニヤが止まりません。

ぜひ、本編は直に目を通してみてください。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

カラー絵の淡い色合いがイラストレーターっぽい感じの作品です。

扉絵も印象的で「ああ、これからこの子たち2人が中心になるんだなと思わせてくれます。

 

2人の女の子・白いカーテン・窓際。

もう、これは百合百合しろって言ってるものですね、ハイ。

中身も、その期待通りの内容になっていました。

 

さて、本作で描かれるのは「特別」とは何なのか。

定義はあるけど、言葉がない感じですよね。

思春期特有の「特別な気持ち」というのは。

 

浮かれていたり、気合だったり、一目惚れだったり・・・と。

友達の好きと恋人の好き、仲間として、先輩・後輩関係。

 

様々な複雑な感情が入り混じっている時期で、侑が言うように言われて初めて地に足つく。

そんな感じの気持ち。

これらを繊細に描いているのが特徴ですね。

 

絵柄も細めでシンプルな線だから、より繊細さを強調してくれます。

だから、読んでいる方も不思議と包み込まれるような感じを錯覚させられます。

いやー、良いイラストレーターが漫画描くようになりましたねぇ。

この辺り見つけてくるの上手いなーって思います電撃系は。

まとめ

レビューサイトなどでも評判が高いらしいですね。

正直、「百聞は一見にしかず」なんて言葉が合う作品です。

 

人の心の機微を絵とコマで表してくれているので、ゆっくりと読むべき作品です。

ぜひ、時間のある時や外でくつろぐ時に手にとってみてください。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「やがて君になる」と検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

次は下のリンクから。

「やがて君になる」2巻のネタバレと感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です