「悪い子(作:樹村みのり)」ネタバレと感想!子持ちはぜひ読むべき

「悪い子(作:樹村みのり)」のネタバレです。

読んだ感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「悪い子」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「悪い子」無料試し読みへ(PC版)

「悪い子(作:樹村みのり)」のネタバレ

物語は、新興団地に引っ越してきた家族が中心になっています。

子供が小学校3年生の時に引っ越してきた一家。

娘の志保は人見知りがちで、母親の元を離れません。

 

ですが、すぐに地域の子供達と溶け込んでいけるようになりました。

しばらくは、順調に遊んでいたものの、いつしかまた引きこもりがちに。

そこで母親が目にしたのは、志保を仲間はずれにしている子供たちでした。

 

母親はカッとなって、子供たちを叱ります。

母親は、これで友達じゃなくなったら仕方ない、と割りきったのです。

予想を反して、一番大きいのり子ちゃんという志保と同い年の子は、翌日から迎えに来てくれるように。

 

それ以降、何かと一緒に遊ぶ仲になり、クラスも同じになったのです。

母親もそんな志保とのり子の遊ぶ姿を微笑ましく見ていました。

しかし、「ある時の出来事」から徐々に志保に対して、好意的な目を向けられなくなっていくのです。

 

これは、子育てをしている方であれば、誰もに通じることでしょう。

ぜひ本編に目を通して、それらを追体験してみてください。

まんが王国「悪い子」を読む(スマホ版)

BookLive「悪い子」を読む(PC版)

感想について

非常に深い「心の闇」が映しだされている作品です。

大人になると、どうしても自分自身の尺度で物事を図ろうとします。

特に相手の話をきちんと聞こうとしない姿勢とかですね。

 

それによって、子供の話をきちんと聞かないと大変なことになるぞ。

というのが、作中では表現されています。

 

子供が親から受けたツライ出来事というのは、そう簡単には消えません。

いつまでも記憶に残りますし、後の人格形成にも大きく関与してきます。

私にもありますし、あなたにもあると思います。

 

この「悪い子」では、そんな子供にとって理不尽にも思える大人の身勝手な行動で、心を壊された少女の物語となっています。

そして、一度歪んでしまった心を治すのは、容易ではないことを示唆してくれています。

そのため、「悪い子」を読み終わった時には、私はこうはなりたくないな、と思いました。

まとめ

子供を持っている親の方には、ぜひ読んで欲しい作品だと思います。

多分、絶対に子育てをする中で1度や2度は、作中のようなことが起こりえるでしょう。

その時に、自分だったらどう対応してあげたらいいのか、というのを考えてみてください。

そのためには、凄く良い教材になると思います。

 

まんが王国「悪い子」を読む(スマホ版)

BookLive「悪い子」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です