「ありがとう(作:山本直樹)」ネタバレと漫画を読んだ感想

「ありがとう」のネタバレです。

読んだ感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ありがとう」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ありがとう」無料試し読みへ(PC版)

 

「ありがとう」のネタバレ

単身赴任から久しぶりに帰ってきた父。

彼の家は家族として、人間としても荒廃していた。

妻はアル中、長女も次女も見も知らぬ不良たちの性奴隷とされていた。

 

父は不良たちを追い出すことができたものの、不良たちが行っていた全ての悪事を浄化することができなかった。

撮られた写真は、雑誌等に投稿され、娘達は行き場を失い不登校になる。

不登校の娘達が次に陥るのは、不良化だ。

 

さらに、新興宗教、自身のリストラ、身内からも外からも学校、警察。

ありとあらゆる集団が鈴木家を、そして父に対して襲ってくる。

それでも、この父親は負けずに家族を1人で必死に守ろうとするのだ。

どれだけ絶望的な縁に立たされていたとしても、彼は絶対に諦めない。

 

だが、そんな父は家族を守るために「ある決断」を下すこととなる。

その決断を下す男の姿は、ぜひ本編に目を通して確かめてみてください。

まんが王国「ありがとう」を読む(スマホ版)

BookLive「ありがとう」を読む(PC版)

 

漫画を読んだ感想

描かれている内容は、ネタバレの通りスタート地点から凄まじいハードモード状態。

普通のお父さんであれば、この状況には絶望して精神病棟行きでしょう。

しかし、ここの鈴木家の父は違いました。

 

不良を叩き出すことをはじめ、家族に襲いかかる圧力を全て払いのけるのです。

信じられないかもしれませんが、漫画とはいえやり遂げてしまうんですよね。

 

文字として内容を書き起こすとハードすぎます。

だけど、漫画を読んでみると、このハードさが薄れているんです。

これは、作者の力量も大いに関わっているのですが、時代的な背景を考えると「あーこういうのね」なんて言う風に受け入れられてしまうからかもしれません。

 

実際に、「ありがとう」の最初の不良たちの話は、「女子高生コンクリート事件」の一部を参考にしているみたいですから。

そして、「ありがとう」を読み終わった後には、何故か不思議な爽快感に満たされていました。

それと同時に、将来自分が持つであろう家族のあり方も、深く考えさせられることとなりました。

 

ラストまで読むと表題「ありがとう」という意味がハッキリと分かります。

その時には、きっと私と同じ様に言葉に詰まることとなるでしょう。

 

まとめ

心して読むまでは言いすぎですが、良い意味でかなりメチャクチャな内容となっています。

今の時代の雑誌では連載できないような内容となっているので、ぜひ読んでみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ありがとう」を読む(スマホ版)

BookLive「ありがとう」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です