「百万畳ラビリンス」ネタバレと感想!2人が迎えた結末とは?

「百万畳ラビリンス」のネタバレです。

読んだ感想についても載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「百万畳ラビリンス」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「百万畳ラビリンス」無料試し読みへ(PC版)

 

「百万畳ラビリンス」のネタバレ

ゲーム会社のバグ探しをしていた女子大生の礼香と庸子は、何故か迷宮に迷い込んでしまいました。

この迷宮、和式を元にしており、様々な構成をしています。

中には、なんと和室の一角に掛け軸とともにトイレまであるのです。

 

とりあえず、2人は奥へ奥へ、上へ下へと建物のありとあらゆる場所を歩き回って冒険することに。

そこで、何かしらの人影を発見。

追いかけるものの、延々と下り続けていくのです。

 

勢い良く行くものですから、礼香が踏み外してしまってスリッパが飛んでいってしまいます。

と思えば、後ろからスリッパが飛んできてしまいました。

おかしいですよね、後ろは自分たちが下ってきた場所なのですから。

 

もう一度、恐る恐るスリッパを投げたら、また誰かに当たります。

そして、その姿は・・・!?

 

始めこそ、2人の冒険活劇のように見えますが、徐々に物語が進む毎にある映画のように思えてきます。

無限回廊のような建物に封じ込められた2人が、見た世界の真実は、ぜひ本編に目を通して確かめてみてください。

まんが王国「百万畳ラビリンス」を読む(スマホ版)

BookLive「百万畳ラビリンス」を読む(PC版)

 

読んだ感想と結末について

まるでパズルゲームをやっている感覚で読めていきます。

また、かつての遊戯王にあった「闇遊戯の心の中」のように、複雑怪奇に入り乱れた建物は、読者を興奮へと導いてくれます。

 

ゲーム的な言い方をすれば、「百万畳ラビリンス」は「風来のシレン」などのようなローグライクゲームに近いでしょうね。

構成しているものは全て統一されているのだけれど、中に入る度に、また行ったり来たりする度に顔を変えて出迎えてくれる。

 

しかも、周りに落ちていたり設置してあるものは、同じだけれど前とはちょっとだけ違う、とか。

そういう部分でゲーマー心をくすぐってくれるので、凄く良い作品だったと思います。

 

さて、ちょっとだけ結末に触れると、少々カタルシスを感じる結末となっています。

ゲームをやっている人間からすると、こういう展開はある意味では燃える展開で、ある意味では悲しくも感じてしまう展開です。

 

しかし、これも人生であるならば、起き得ることである。

そう思えるのであれば、納得できる展開だと思います。

 

まとめ

全2巻でサクッと読めるので、万人にオススメできる作品ですね。

現実的じゃありませんが、一度でいいから本作のような無限回廊に迷い込んでみたいな、と思っています。

あー、現実世界にもこういう施設が出来ないかなー。

仕事とかほっぽり出して、延々と遊びに行くのに!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「百万畳ラビリンス」を読む(スマホ版)

BookLive「百万畳ラビリンス」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です