「ママはテンパリスト」ネタバレと育児描写の口コミ!感想もあり

「ママはテンパリスト」のネタバレと育児描写の口コミなどです。

読んだ感想などもあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ママはテンパリスト」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ママはテンパリスト」無料試し読みへ(PC版)

「ママはテンパリスト」のネタバレ

登場人物は主人公である著者・東村アキコとその息子であるごっちんの2人。

最初の出産の経緯から、自分の体質の悩み(母乳がよく出る)とかを勢い良く描いています。

 

母乳パッドを入れ忘れて、道行く人にチラチラと見られ、その後に犬に襲われた。

あり得るのか!?と思わされる実話も登場しています。

また、本人の不満であろう時事的なネタも所々に散見。

 

例えば、おむつのお話とかですね。

買い占められちゃってー、近場に意外と売っていない、らしいとか。(東京限定)

そういう育児に関することだけれど、直接的に子供の方向性を決めるようなシーンが全くないのが特徴のエッセイ集です。

育児描写の口コミについて

育児の参考にはなりませんっ!

ネタバレでも少し触れたことですね。

理由は、育児をする「時代」によって常識なんて変わるから。

 

さて、口コミに関してですが強烈なアンチを持つ漫画家さんなので、結構叩かれています。

叩く要因としては、赤ちゃんの「ごっちゃん」の品の無さとか、作者の描き方の芸風に共感できないことが原因。

 

私はアンチとかどうでもいいのですが、こちらに属してしまいましたね。

理由は後述の「読んだ感想」で触れてあります。

もちろん、高評価の口コミだってきちんとあります。

 

ごっちんほど酷くなかったけれど、自分の息子・娘もこんなやんちゃっぷりで、苦労した思い出が蘇る。

作風の話から離れると、一度子育てをしたことがあるかないか。

この点も評価の分かれ目があると感じさせますね。

 

まんが王国「ママはテンパリスト」を読む(スマホ版)

BookLive「ママはテンパリスト」を読む(PC版)

読んだ感想

じゃあ、読んだ自分の感想はどーなのよ、ということです。

正直に言えば、私の感性には合わなかったな。

これが私の気持ちでした。

 

笑えるであろう箇所はあるのですが、口コミでも触れた通りに作風が私の感性が合わなかったのです。

「ママはテンパリスト」は東村アキコさんが実際に自分で経験したことを、面白おかしく絵で紹介するエッセイ集です。

 

つまり、自分の生活の一部を表に出すわけですので、受け入れられる・受け入れられない、という意見があるのは当然のこと。

面白い面白くないで言えば、面白いです。

 

しかし、感性が合わないから全く笑えなくて無駄になった・・・、とつまらないと思った人は、感じてしまうんですよね。

お金払ったのに損した気分、とでも申しましょうか。

心配な方は、最初の30ページくらいを読むのがオススメ。

面白いっ!と感じたのであれば、以降も読み続けられる作品です。

まとめ

とはいえ、人の話を聞いていると「ママはテンパリスト」のような日々を毎日過ごしているのは確かです。

また、私の周りの母親は息子持ちが多いのですが、その人達が息子に向けるのは、彼氏にも似た感情だったりするんですよね。

 

ツイッターとかでも呟きの多くは、息子に関連することですから。

私も、子供を持った時に読めば、また評価が変わる作品かもしれませんね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ママはテンパリスト」を読む(スマホ版)

BookLive「ママはテンパリスト」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です