「虚構推理(漫画版)」ネタバレと感想!こんな娘に一目惚れされたい

「虚構推理」の漫画版のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「虚構推理」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「虚構推理」無料試し読みへ(PC版)

「虚構推理」漫画版のネタバレ

病院で運命的・・・とはいかないまでも、そこそこ良い出会い方をした2人。

名前は、女の子が岩永琴子と言い、男の方が桜川九郎と言う。

 

琴子の方は「怪異」と呼ばれる物たちと、人間との間に。

九郎は「くだん」と「人魚」の肉による副作用で、未来を掴む力と不死身の肉体を。

そんな彼らが出会い、共に怪異と呼ばれる者たちに挑むこととなる。

 

彼ら2人が立ち向かう相手は「鋼人七瀬」と呼ばれるミニスカートドレスに身を包み、顔のない亡霊。

そして、この「鋼人七瀬」の正体を突き止めていくのだが・・・。

 

というように、カッコ良く書いてみましたが、実態はぶっちゃけラブコメです。

いや、ラブコメシーンばっかりじゃないですけれどね、ハイ。

「推理」に関してもきちんと出てきますが、序盤ではまだまだ、という感じです。

 

そんなバカな、と思うかも知れませんが本当。

どっちを重視するかで、ちょっと評価が分かれるかもしれない作品です。

 

まずは、ぜひ本編を覗いてみてください。

Handyコミック「虚構推理」を読む(スマホ版)

BookLive「虚構推理」を読む(PC版)

感想について

 

さて、感想です。

いや~一目惚れされたいですよねぇ・・・こんな女の子に。

小さい子がってわけじゃないんですけれど、琴子ちゃんが可愛くて可愛くて。

 

一目惚れして2年も待ち続けて、別れたら結婚前提の交際を申し込むとか良い度胸してますよ。

1巻のその時のシーンというのが、またね。

もうこれだけでご飯何杯でも食べられてしまいそうです。

 

見つめられたら固まってしまいそうですもん。

意志の強い顔をしてらっしゃる、と呟きたくなってしまいました。

それに、やっぱりグイグイと押してくる女の子は可愛いものです。

 

話は変わって、絵を担当している方も画力が多角、線も無駄が無いので非常に読みやすい。

見やすくて清潔感の強い絵なので、絵柄だけで言えば万人にオススメ出来る漫画に部類されるでしょう。

ちなみに、これがデビュー作らしいんですけれど、最近の新人さんとかって凄いですね・・・。

やっぱり同人市場とかが広いからこそ、なのかなぁ。

まとめ

 

私は原作未読なので、綺麗な絵に惹かれて読み始めた人間です。

漫画と原作では少し違うらしく、バトル部分が原作には無いらしんですよね。

そちらも機会があれば、読んでみましょう。

 

あと、後に調べてみたら「スパイラル」の原作の人でした。

当時のガンガンを思い出す懐かしい名前だなぁ、と浸ってしまいました。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「虚構推理」を読む(スマホ版)

BookLive「虚構推理」を読む(PC版)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です