「夕暮れライト」最終回のネタバレと感想!ちなみたちのその後とは

「夕暮れライト」の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

それより前のことについては、コチラからどうぞ。

「夕暮れライト」ネタバレと感想

 

「夕暮れライト」の最終回のネタバレ

軽く前の話を振り返ると、ちなみと別れたんですよ奏多が。

三角・四角関係の宿命とでも言いましょうか・・・。

こればっかりは仕方のない事なんですよねー。

 

この時の奏多は、男として一段と魅力的になる経験。

ただ、これが後にトラウマとなるか、糧となるかは、また別ですけれど。

 

そのような出来事があり、席替えがあって、ちなみと雄大が隣の席同士になって・・・と。

そこから、また会話がスタートして。

というようなのが前の話でした。

 

さて、最終話は時間が飛んで高校生になります。

皆それぞれの道を楽しく過ごしています。

それに加えて、パパさんは正式に結婚。

 

つまり和音ちゃんとは、同い年の義理姉妹になりました!

また、あの和音ちゃんは、なんと友達に囲まれているんですよ!

ビックリです。

 

なお、ちなみは相変わらずの模様。

じゃあ、雄大とはどうなったのか?

最後の最後に、ちなみからで・・・。

 

何をどうやって雄大に伝えたかは、ぜひラストシーンで確かめてみてください。

ちなみらしいストレートな物言いでしたので、微笑んでしまいますよ!

感想について

いや~めでたしめでたし、というような最終回です。

でも、彼女たちにとっては、まだ人生って1/4も終わってないんですよねー。

 

現実的で夢の無い話をしてしまうと、私の友達にも中学から高校、大人になるまで付き合っていた人たちがいました。

結婚するんだろうな~、と思っていたら成人式後に別れていて・・・とね。

 

現実ってやっぱこんなもんなのかーって思った記憶が懐かしい。

他にも、友達の親なんて・・・いや、この話はマズイのでまた別の機会にしましょう。

 

何だかんだで、ひと纏まりになったのは、それぞれが自分の本音と向き合って、なおかつ相手を思いやったから

だから、歪も生まれなかったし、最後は納得できるような話となりました。

普通は、こういきませんもんね・・・。

 

私が、俺がって言う様になっちゃいますもん。

でも、それをやらなかった彼ら4人は、人間的にもこれからさらに魅力的に成長していくでしょう。

いやー、どういう大人になるか見てみたいなぁ。

まとめ

というように終わってしまいましたねぇ。

全5巻の予定になりますが、非常にまとまりが良いと思います。

 

長編漫画も良いですけれど、5~8巻くらいが私としてはベストな巻数になっていますね。

長編になっちゃうと、どうしても集め続けるのが苦痛になってしまいますし。

一度買い逃すと、そこからズルズルと・・・。

 

そういえば、番外編とかは・・・いや飛ぶ鳥跡を濁さずってやつなので、いりませんね。

また、新しい作品を楽しみにしておきましょうっ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です