「ハル×キヨ」3巻のネタバレと感想!峯田兄が事態を引っ掻き回す?

「ハル×キヨ」3巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「ハル×キヨ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ハル×キヨ」無料試し読みへ(PC版)

「ハル×キヨ」3巻のあらすじ

身長180センチの「心優しき巨人」宮本小春と身長157センチの「上からメガネ」峯田清志郎は、同じ高校のクラスメイト。

学祭後なんやかんやで付き合う事になった2人。

 

初デート以来、意外とぐいぐいくる峯田にキャパオーバー気味の小春。

一方、デート仕様の小春に一目惚れした志村は、彼女が小春だとは気付かず「俺のふわふわちゃん」を探し求めていたのだった。

 

そんな志村の動向にヤキモキする峯田。

さらにイギリスに留学中の峯田兄の出現により、事態は思わぬ方へ急展開!!

ネタバレ

身長差約20センチの凸凹(バ)カップル誕生。

お互い初めての彼氏彼女ということで初々しいラブラブカップル、のはずが。

いつの間にそんなに愛溢れてたんだ?とあきれるくらい、嫉妬に狂う小春がこわいwww

 

合コン現場へ絶叫乱入したり、ロッカーぶち壊したり、こんなのラブコメじゃなくてホラーかサスペンスだってば!

そんな小春を体は小さいが大きな包容力で包む峯田に、小春はドキドキしすぎて死んじゃう・・・とラブラブバカップルに戻っていく。

 

そして合コン現場に居合わせ、2人を見ていた志村は、あることに気付いた。

俺のふわふわ=宮本小春!?

志村ショック死寸前!

 

志村による小春への小学生レベルの嫌がらせは続くものの、2人のラブバカップルパワーで乗り越えて行くのだった。

そんな2人の前に新たな強敵が現れる。

上からメガネの峯田をさらに上回る上からメガネの峯田兄。

 

イギリス留学中だが一時帰国したもよう。

弟へのこじらせた愛情を持ち、弟である峯田を「豆」呼ばわり。

兄である自分に弟の峯田が反発するのは、自分が完璧なせいと言ってはばからない。

 

ここ読んで思わずつぶやいてしまった・・・正気ですか?この人。

いきなり学校に来てクラスメイトをディスったり、峯田弟への留学を押し進めたり、やりかたは滅茶苦茶でひねくれてるけど、弟への想いは本物らしい。

そのことを感じ取った小春は、峯田兄にある条件を提示。

「私が定期テストで学年一位をとる人間だったら2人の交際を認めてもらう」

 

果たして小春は峯田への愛の力で、この難題をクリアできるのか?

Handyコミック「ハル×キヨ」を読む(スマホ版)

BookLive「ハル×キヨ」を読む(PC版)

感想

付き合い始めた途端、信じられないほどラブラブな2人にかんぱい(乾杯&完敗)。

初々しい通り越して、ギャグにしか見えないバカップル振り。

いや、小春の存在が、申し訳ないけどすでにギャグなのか。

 

嫉妬に狂う小春の恐ろしい目つきと振り乱す長い髪、はっきり言ってこーわーーいーーー!

長い前髪に隠された中身(顔)のスペックは志村を夢中にさせる程高いんだけどなあ。

ちなみに志村が真実を知った瞬間は見もので、ある意味この巻の一番の盛り上がりポイントかも。

 

今回、濃いキャラがそろっているハル×キヨに、さらに新しい濃厚ソースが登場。

峯田兄!峯田弟と似て非なる者。

重度のブラコン&確固たる自信の固まりの彼が、ラブラブな2人の間を引っ掻き回す。

 

彼の登場で、ますます普通の人がほぼ出てこない素敵な漫画になってきた。

峯田兄は強敵だけど、次巻小春のがんばりに期待。

まとめ

なんだかんだで、愛し合ってるなこの2人。

ということを実感させられた3巻。

お互い彼氏彼女で、相手の周囲にいる異性への嫉妬が半端ない。

 

小春はオモテに出やすい形で、峯田はウラで画策する(が裏目に出る)形で。

結局ラブラブ度合いを増していくバカップル、ハル×キヨ。

強敵、峯田兄の登場で、ますます目が離せない。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「ハル×キヨ」を読む(スマホ版)

BookLive「ハル×キヨ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガであれば大体何でも読めるマンガ大好き30代の主婦です。昔は本屋でジャケ買いしていたマンガですが、最近はネットで無料おためし版を見て良ければ、紙媒体を買いに行くような冒険心のないヤツになってしまいました。ちなみに雑誌はほとんど買わず、もっぱら単行本専門です。エログロ、裏社会ものから日常ほのぼの系まで何でも読みます。最近は堀尾省太先生の『刻々』が自分の中で大ヒットしています。