「ぐらんぶる」24話のネタバレと感想!ケバ子カフェで働くことに

「ぐらんぶる」24話のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

その他のことは、コチラからどうぞ。

「ぐらんぶる」5巻のネタバレと感想

 

それぞれ対応のリンク先でタイトル(Good!アフタヌーン7月号)を検索してください。

Handyコミック「Good!アフタヌーン7月号」へ(スマホ版)

BookLive「Good!アフタヌーン7月号」へ(PC版)

「ぐらんぶる」24話のネタバレ

無事、青海女子大の学園祭に潜入立ち入ることができた伊織と耕平。

しかし、これがタダで入れるわけじゃなかったんですよねー。

ケバっ子カフェで働かされることとなってしまいました。

 

伊織は女装してたし、耕平は声帯模写をしていたので、問題ありません。

最も、この方法はケバっ子カフェで働く子たちの男避けという側面があったんですけれどね。

というわけで、忙しく働き続ける彼らの元に大学のいつもの4人の連中が来店。

 

伊織と耕平をのけ者にした理由をここで語り始めます。

ちなみに、この時に耕平は梓さんの頼みで設営に猛ダッシュ。

声優さんに後に直接会えるとか言うご褒美ならば、仕方ない。

 

さて、そんな4人へのお仕置きが開始するわけで・・・。

色々と相変わらずヒドイことをやります。

一応、怪我はしないんですけれどね。

相変わらずです、ハイ。

 

ただ、ちょーっとやりすぎてしまったんですよ。

そんな訳で、次回は「強行突破」という感じです。

 

なぜ、そうなったのかっていうのは、ぜひ本編を覗いて確かめてみてください。

Handyコミック「Good!アフタヌーン7月号」を読む(スマホ版)

BookLive「Good!アフタヌーン7月号」を読む(PC版)

感想について

相変わらずバカですねー、という。

本当に海に潜らない漫画だなっ!

某癒し系ダイビング漫画とは大違いだよ!

 

しかし、伊織の気持ちも分かりますねー。

せっかく苦労(していないけど)して入った学園祭だというのに、可愛い子は皆ケバ子衣装に身を包んだんですよ。

 

メイクを取れば、楽園かもしれませんが、メイクされっぱなしで働かれると・・・こう・・・萎えるよね、と。

テーブルクロスをギュッと掴んで歯を食いしばり、震えたくなるのも分かるってもんですよ。

 

そういえば、普通に考えて伊織たちのガタイの良さで気付かないものなのかな、と。

だって、今まで散々描かれてきていますし、今回もビキィとなる伊織の腕が描かれました。

この辺り、突っ込んだら負けなんでしょうけど、気付くと思うんですよ。

でも、あの4バカだから無理かー!

 

あと、もう1つ気になるシーンがあったんですよね。

作中で言葉を発しようとした時に、意図的に飛ばされるんですけれど。

耕平の趣味の話に関して、伊織が「気持ち悪い」という発言をして、その後に続く言葉。

あれが何だったんだろうなー、と思います。

 

本人がいないからこそ、出てきた言葉なのかなって感じかもしれません。

何だかんだで伊織と耕平のコンビは、良く機能してますからね。

後に明かされるでしょうが、何を言ったか気になっちゃいます。

「ぐらんぶる」6巻のネタバレと感想

まとめ

今回の見所としては、千紗のケバ子シーンでしょうか。

耕平曰く「素材の良さを殺しきる匠の技」だそうで。

これは、本編を覗いてみると確かに、と頷きたくなるでしょう。

 

次回は、再度言いますが「強行突破」となっています。

何をっていうのは、24話を最後まで読むと分かりますので、ぜひ手にとってみてください。

 

それぞれ対応のリンク先でタイトル(Good!アフタヌーン7月号)を検索してください。

Handyコミック「Good!アフタヌーン7月号」を読む(スマホ版)

BookLive「Good!アフタヌーン7月号」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です