「プライベートタイムズ」最終回のネタバレ!結末は少し消化不良?

「プライベートタイムズ」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「プライベートタイムズ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「プライベートタイムズ」無料試し読みへ(PC版)

「プライベートタイムズ」最終回のネタバレ

皆で夏休みの最後をパーッと騒いだりしていました。

だけど、周りは大学生とかばかりなわけで、まだまだ夏休み中。

一人だけ、高校に通うことになっていることに、どこか満たされない青葉。

 

しかも、未だに日向にキスされたことを頭の中で整理できずにいました。

そんな煮詰まらない日を送る度に、何をしていたら自分は楽しいのだろうか。

何をしていたら自分はイキイキとしていられるのだろうか、ということを次第に考え始めたのでした。

 

そこで、青葉の中に1つ浮かんだのが芸能界への復帰。

そして、さらに言えばプライベートタイムズを抜けること。

抜けられるのか、と考えた時に1つ理由が思い浮かびます。

 

日向との『キス』でした。

プライベートタイムズは「恋愛禁止」という条件がありましたね。

つまり、日向とキスしたことを条件として恋愛を行ってしまっていた。

そうすれば、サークルも辞められる、という理由です。

 

青葉は、実際にこのサークルを辞め、芸能界に復帰を固めたのでした。

しかし、青葉の行動に納得がいかないのか、日向と言い争いに。

青葉と日向が何を言い争っていたのか。

どうしてツマラナイと感じた芸能界に復帰をする決意をしたのか。

 

それらの詳しい話の流れについては、ぜひ本編を覗いてみてください。

Handyコミック「プライベートタイムズ」を読む(スマホ版)

BookLive「プライベートタイムズ」を読む(PC版)

結末の感想について

消化不良っていうのがよく似合うかな、と。

きっと、まだ続きのプロットはあったと思うんですよね。

 

ただ、そこまで人気が出なかったのか。

それとも、作者自身がギブアップしてしまったのか。

どちらかは、分かりませんが少々物足りなさを感じざる得ません。

とはいえ、きちんと終わり方についてはまとめていますし、「俺達の戦いはこれからだ!」エンドじゃないのは、評価すべきでしょう。

 

だけど、主人公の青葉には共感出来るかと聞かれたら、出来ませんね。

毎日を退屈に過ごしているのは分かりますが、約束を破る部分とかは共感できませんね。

多分、作者が考えた読者の共感ポイントがズレていたのではないかなーと思います。

そのため、キャラクター造形に関しては、ちょっと失敗した感じが強い作品でした。

 

「プライベートタイムズ」というサークルの設定は、そこそこ良かったと思うんですけれどね。

大学生の中に女子高生が交じるっていうのも、現実ではほぼあり得ない状況ですから。

もう少し、力があったりしたら・・・と思う惜しい作品です。

まとめ

でも、サークルの人間関係でこわ~い部分も描かれているので、そういうのが好きな人は一読する価値あり。

女同士の争いはいつだって怖いものです。

あー、怖や怖や。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「プライベートタイムズ」を読む(スマホ版)

BookLive「プライベートタイムズ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です