「34歳無職さん」あらすじとネタバレ!人生に休日を作った人の物語

「34歳無職さん」あらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「34歳無職さん」無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

「34歳無職さん」のあらすじ

働き盛りの30代で人生の休日を1年間という期限ならが選択した彼女。

好きで無職になった訳じゃないのですが、働かないのもいいよね、と。

色々と思うことがあった訳です、彼女にも。

そんな34歳独身女性の日常が描かれます。

ネタバレについて

名前?

34歳無職さんです。

いや、本当に。

 

彼女の名前は明かされていないのです。

ただ、過去には結婚して、娘もいて、夫もいた。

また、作中では無職さんの元同僚も出てきて、たまーに飲みに行ったりする間柄の人も出てきます。

 

どういうような事が描かれるかというと、とにかく日常です。

無職さんの生きている日々が「カラカラカラ」とかの擬音や、独り言、心の声を元に静かに。

そして、緩やかに描写されていきます。

 

そんな無職さんにも、つらい過去があったりと人間味溢れる部分も描写されていたりするのが本作の特徴。

ちなみに、作中でしゃべるのはヘタすると一言や二言。

「あー」とか言う時だってあります。

 

無職の彼女の生活を少し見たい人は、ぜひ本編を覗いてみてください。

BookLive「34歳無職さん」を読む(スマホ・PC共通)

感想について

無職経験者は凄く同意出来る内容となっています。

何かするわけでもなくダラダラ、ダラダラ。

あーお腹減ったーとか言って、床でゴロゴロ。

わかりますよ、その気持ち。

 

やることがないから外に出ても、お金を使いたくないから何もしないで散歩するだけ。

作中で部屋の中にカビがブワッと生えているイメージのシーンがあるんですよ。

実際に、このように見えるわけじゃないですが、これに近い感じの部屋になります。

雰囲気がね、雰囲気が。

 

綺麗ではあったりするんだけれど、辛気臭いというか人を呼べない暗さがあるというか。

そんな部屋に私も1年くらいなっていました・・・。

あの時代は、思い返すと本当に作中の無職さんのような生活をしていましたね。

 

唯一の救いは、今でも親交があるネットゲーマーの人たちやTwitterの人でしょうか。

今も、喋って遊んだりしてくれていますので。

きっと、彼ら、彼女らがいなかったら色々と終わっていたと思います。

わりとマジで。

まとめ

ニート、ヒャッハー!とかいう漫画じゃありません。

決して、ニートを否定もせず、肯定もせず。

ありのままを映し出している作品。

 

向き不向きが強いながらも、ニートの世界を手軽に体験するにはいい作品でしょう。

ぜひ、時間がある時に追体験してみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「34歳無職さん」を読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です