「ラララ(金田一蓮十郎)」あらすじとネタバレ!結婚後に即離婚!?

「ラララ(金田一蓮十郎)」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「ラララ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ラララ」無料試し読みへ(PC版)

「ラララ」のあらすじ

突如会社側から告げられる「自主退職」、いわゆる「リストラ」。

24歳の桐島はその対象として抜擢され、一文無しに成り下がる。

付き合っていた彼女にも、リストラが原因であっさりと振られてしまう。

 

再就職が決まらぬまま、畳み掛けるように失業保険も今月で切れることに。

友人に「女は男をATMとしか思っていない」、「永久就職なら俺もしたい」、と男女の責任の軽重に不平不満を溢したその言葉こそ、桐島の再就職先を「永久就職」にさせた根元であった。

ネタバレと感想

青年漫画とあって、テーマが現実味を帯びているのが、印象的でした。

漫画の冒頭の部分からいきなり、「リストラ」される主人公のシーンが出てくるので、次のページを捲ってしまうのはさも当たり前のように思います。

 

何となくその末路自体は見えているのに、霧島という人物が、まだ自分の中で確立した人格が掴めていないため、予想のつきにくい展開にわくわくさせられましたが……。

案の定、お酒と友人を頼りに、無職の桐島が愚痴を溢すのを見て、少し笑えてしまいます。

 

そんなときに店のカウンターで一人酒を楽しんでいた女性が、友人が帰っていった直後、桐島に詰め寄り「私のとこで働かないか」と事情を悟った風に声をかけるのです。

その女性は豊満なナイスバディで、美人さん。

さらに、この女性は「自分の自由な時間がとれて、働く時間も自分で決められる」と誘い込みます。しかし、桐島は負けません!

 

指を加えつつ、そんなおいしい仕事があるはずがない、と桐島は酔った頭ながらに、賢明な答えを出したのです。

主な仕事内容など伝えなかったという怪しい点を抜かせば、私的には条件のいい楽な仕事だと思いました。

「働き口探してるんだろ?」

痛いところにつかれ、その女性からの上目遣い。泥酔した桐島の煩悩は、誘惑に負けてしまい……。

 

誓約書と名付けられた「婚姻届」を書いてしまっていることに気付かないのです!

また、彼女の仕事先に行くと、そこは大きい一軒家のマイホーム。中から出てきたのは、間違いなく誓約書を書いた女性。

「な、なな、何で裸?!」

 

桐島の第一声の突っ込みに笑うと同時に、私もあの妖艶な女性から、野生化した人に成り代わっている姿を見て、唖然としたことは黙っておきます!

そんなこんなで知らされる仕事内容「永久就職」に、桐島の昨夜放った言葉が私の脳裏に反芻するのでした!

Handyコミック「ラララ」を読む(スマホ版)

BookLive「ラララ」を読む(PC版)

まとめ

男性には男性の、女性には女性特有の悩みがあり、今回は男性が女性にされた体験を元にした偏見が物語の始まりになっています。

主人公は何一つ愚行を行ったわけでも、恋人をたぶらかしたわけでもない、普通のサラリーマンからのリストラということで、今の社会状況がとても厳しい環境であることが、如実に描かれている読み応えバッチリな作品です!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「ラララ」を読む(スマホ版)

BookLive「ラララ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です