「ニコセッズセレクション」ネタバレと感想!結末の内容が重すぎる

「ニコセッズセレクション」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ニコセッズセレクション」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ニコセッズセレクション」無料試し読みへ(PC版)

「ニコセッズセレクション」のネタバレ

全部で6個収録されている短編集です。

短編集と言っても、1話毎に50ページ前後収録されているため、かなり読み応え抜群。

例えば最初の「可愛いベイベ」は高校デビューの女の子を取り扱った作品。

 

憧れていた先輩・佐川の好きな女をリサーチした・・・けど、実はその先輩がホモだったっ!

あ、バイでした、バイ。

作中で麻季も抱いてるので、バイです。

 

様々な面で初めてのことを学び、そして自分の体の幼さが嫌いな彼女の内側が描かれていきます。

その他にも、血の繋がった兄妹を描いた作品なども収録してあります。

特に、表題作でもある「NICO SAYS」の内容は、衝撃的でもあるかもしれません。

 

機能不全の家族の中で、兄だけが唯一の頼りとなるお話なのですが、非常に重々しい雰囲気が漂っています。

兄を愛している、だけならば良かった。

だけど、その兄へ愛を募らせていく状況も、そして兄を愛する姿も狂気と言ってもいい内容になっています。

 

この作品の表題作である「NICO SAYS」を最後まで読んで、ニコが呟いた言葉を読んだ読者は、この作品を一生忘れることのない作品として記憶に刻まれることでしょう。

ニコが何を最後に呟いたのか。

 

その内容については、その他の短編集と共に本編を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「ニコセッズセレクション」を読む(スマホ版)

BookLive「ニコセッズセレクション」を読む(PC版)

感想について

まず、表紙が「ジョーカーっぽい」です。

内容は全く関係ありませんが、手で口紅を塗っているところとか、その色白さからしてバットマンのジョーカーを思い出さざる得ません。

いやー、怖いっすよ。

ただ、中身はバットマンのような話じゃないので一安心。

 

しかし、重い。

ひたすらに重い。

展開としてはベタなんですけれど、誰もが逃れられない呪縛っていうんですかね。

決して開けてはならない箱の中身を覗くような感覚と言いましょうか。

そんな話が展開されていきます。

 

加えて、思春期特有のこじらせた内容も取り扱っているため、非常に胸に刺さってきます。

ディオが時を止め、承太郎に正面からナイフを投げた状態ですよ。

1ページ進める毎に、そのナイフが自分の目の前に少しずつ進んでくるんです。

しかも、止め方を知らないんですよ、このナイフ。

 

これは、恐怖以外の何モノでもないでしょう。

それでも、読み進めてしまう魅力が「ニコセッズセレクション」には有りました。

読み終わった後に、血だらけとなっちゃいましたけれどね!

まとめ

300ページ超えの作品ですので、じっくりと読むことが出来ます。

読むのであれば、忙しくない夜や休日を使って読み切ることをオススメしますね。

途中で読むのを止めると、モヤモヤしたものが出てくるので、一気に読んでしまってください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ニコセッズセレクション」を読む(スマホ版)

BookLive「ニコセッズセレクション」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です