「罪と罰(落合尚之)」あらすじとネタバレ!漫画で名作小説を大胆アレンジ

「罪と罰(落合尚之)」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「罪と罰」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「罪と罰」無料試し読みへ(PC版)

「罪と罰(落合尚之)」のあらすじ

ひきこもり大学生・弥勒がファストフード店で見かけた援交を強要する女子高生・ヒカルを殺すことを決意。

弥勒は、過去の出来事のトラウマから「悪こそ滅ぼすべし」というような考えが身に沁みついてしまっていた。

害虫は駆除しなければ・・・。

弥勒は、ヒカルを殺すために秘かに一人で行動を起こし始めるのだった。

詳しいネタバレについて

どうなるかっていうとヒカルを殺し、さらに援交を強要されていたリサという女の子も殺します。

それまで、自分の犯罪は全て上手く完全に遂行していた、と思っていた弥勒。

しかし、その計画は脆くも崩れ去ってしまうのでした。

 

それ以降、彼にとっては周りの人間は全て敵に見え、元々信頼できる人物がいないのに、さらなる孤独に苛まれることとなるのです。

状況が進んでいくと弥勒がどうして犯行に及ぼうとしたのか、という心理を描く過去の出来事も描かれることに。

 

その人物こそが、弥勒をここまで変えてしまった。

弥勒の行動原理を作ってしまった、と言っていい人物です。

同時に、唯一弥勒を理解してくれる人物と言ってもいいでしょう。

 

さらに、途中で弥勒は「ある女性」に出会うのですが、この女性との出会いが弥勒の後の行動をさらに変えていく存在となっていくのでした。

弥勒は自らが目指す「特別」な存在になれるのか。

それとも、「人間」に戻る選択をするのか。

 

詳しい話については、ぜひ本編を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「罪と罰」を読む(スマホ版)

BookLive「罪と罰」を読む(PC版)

感想について

ヒカルを殺すシーンの後ろ姿は、PCゲーで話題になった「Hotline Miami」を思い出さずにはいられません。

弥勒が殺した時に、ステージクリアのBGMが私の脳内で流れたくらいですからね。

 

あのボー然と立ち尽くす弥勒の姿っていうのは、「罪と罰」で1,2を争うハイライトでしょうね。

もう、読んで見た瞬間に「やったぜっ!」と叫びたくなっちゃいましたよ。

 

ただ、このヒカルを殺す計画っていうのは、非常に弥勒個人のエゴが強いです。

7巻で弥勒が、なぜヒカルを殺したのかっていう理由が語られるのですが、あまりにも身勝手極まりない理由。

詳しい内容は避けますが、正直に言えばクズですクズ

 

ヒカルもやっていることはクズですが、弥勒も負けじとクズなんですよ。

きっと、弥勒に親近感が沸かない人からすれば、お前の自己満で殺したのかよっ、と突っ込まざる得ないでしょう。

 

実際、私も弥勒が殺したシーン自体は良いシーンだと思いますが、計画を遂行した事自体は納得できません。

この理由は7巻を読んでもらえると、同意してもらえる感想だと思います。

ぜひ、7巻を読んでみてください。

まとめ

物語としてヒートアップしていくのは、4,5巻くらいからかなーって思います。

作品のハイライトは感想で言ったようにヒカルを殺害した弥勒の後ろ姿のシーン。

これだけは、私は譲れませんね。

全10巻と程々に長いですが、手にとってみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「罪と罰」を読む(スマホ版)

BookLive「罪と罰」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です