「初恋アステリズム」あらすじとネタバレ!男女3人の青春恋物語

「初恋アステリズム」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「初恋アステリズム」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「初恋アステリズム」無料試し読みへ(PC版)

「初恋アステリズム」あらすじ&ネタバレ

物語の主人公、今江美奈子

高校入学したての明るく平凡な女の子です。

美奈子の初恋は中学2年生の時。

 

女子バスケ部に所属していた美奈子は、当時同じクラスで男子バスケ部に所属していた久音逞真に恋をし、意を決して告白。

しかし、その答えは、「美奈は、柊の親戚だろ。お前のことそんなふうに見れない」というものでした。

逞真の親友・大村柊は、同い年でありながら美奈子の甥っ子。

 

美奈子の18歳上の姉の息子なのです。

逞真は柊との関係を大切にしていて、その関係を壊したくないから、美奈子を恋愛対象として見たことがないと美奈子に伝えます。

「それじゃ、また友達として」と、何とか返した美奈子ですが、その後はクラスも別となったことで、逞真とは自然と疎遠になっていきました。

 

そして、高校に入学した美奈子。

親友の由香里も、甥っ子の柊も、そして、初恋の相手である逞真も一緒。

同じクラスになった逞真に、最初は気まずいと感じていた美奈子ですが、普通に接してもらえることでその気持ちも落ち着いてきます。

 

むしろ、初恋を諦めきれていないことに改めて気づかされるのです。

そんな中、高校でもバスケ部に入ることになった逞真と柊。

美奈子の気持ちを知る由香里の積極的な協力により、美奈子は由香里と共にバスケ部のマネージャーとなります。

 

再び恋を頑張ってもいいのかと悩む美奈子でしたが、更に逞真への想いを募らせていきます。

同時に、美奈子を何かと気遣っていたりする逞真。

そんな逞真と美奈子の姿に違和感を覚えてきた柊は、「付き合ってるのか」と逞真に詰め寄ります。

 

実は美奈子が中学2年生のときに、美奈子の姉で柊の母は、交通事故で亡くなっています。

それ以来、美奈子は残された柊と圭の兄弟の世話を何かと焼いていました。

そのせいか柊は、美奈子に独占欲を持つようになっていて、逞真と美奈子が仲良くしていると、大好きなお姉ちゃんを取られた弟のような気持ちを感じるように。

 

逞真もそんな柊の気持ちを気にしながらも、実は美奈子が昔から気になっていたため、その想いを次第に隠さないようになっていくのです。

まんが王国「初恋アステリズム」を読む(スマホ版)

BookLive「初恋アステリズム」を読む(PC版)

「初恋アステリズム」を読んだ感想

初恋の相手の逞真への気持ちが諦めきれず、また頑張る美奈子。

告白されて振っておきながら、実は美奈子が気になっていた逞真。

そして、美奈子を取られるのが面白くない柊。

 

そんな3人の青春ラブストーリー。

ドロドロした恋愛ものではなく、美奈子と逞真のラブと、柊の家族愛(?)という爽やかなお話でした。

読み始めの最初から、美奈子と逞真がくっつくのは予想できました。

 

互いに意識しているし、逞真が美奈子を特別扱いしているのがもろバレです。

美奈子のピンチをサラッと助けたり、美奈子が落ち込んでそうな時には、不器用な優しさで励ましてくれる逞真。

 

王道的な流れですが、美奈子と一緒に胸キュンしちゃいます。

最終巻では、そんな2人のラブ期も十分に描かれているので読み切った感が得られます。

特に最初の頃が嘘のような逞真の積極性は、胸キュンの連発です。

 

因みに、個人的には柊が好きです。

クールなイケメンで、ちょっとチャラい柊は、女子からモテモテです。

それなのに、美奈子というお姉ちゃんを取られて拗ちゃう様が何とも可愛い。

恋愛と家族、どちらも大切にしたい美奈子。

 

最初は難しいのでは、と思っていましたが、美奈子ならできちゃうんですね。

そこに、作品タイトルにある「アステリズム」が、絡んでくるのかなと思いました。

星と星が繋がれた線の意味は、恋愛だけではないのだと。

まとめ

Betsucomiフラワーコミックス発行、吉永ゆう先生の「初恋アステリズム」は、全3巻完結。
2巻には、充実の読み切り作品が収録され、最終巻の3巻には、番外編で柊の恋も描かれています。

吉永ゆう先生の描く男の子は、本当に皆さまイケメンです。

美奈子のお相手の逞真は勿論ですが、甥っ子である柊のイケメンさにも胸キュンできる作品です。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「初恋アステリズム」を読む(スマホ版)

BookLive「初恋アステリズム」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。