「これは恋です」最終回のネタバレと感想!すれ違った2人の結末とは

「これは恋です」の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「これは恋です」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「これは恋です」無料試し読みへ(PC版)

「これは恋です」の最終回のネタバレ

すれ違い続けた2人の結末が描かれます。

家事で喉を痛めていた伽良は卒業式には出席せず。

そこにお見舞いに来たのが灰島。

 

灰島は、自分は何も出来なかったこと。

綾井が2人を助けてくれたことを話したと同時に、伽良が好きな人が誰だかっていうのを知ってしまったんですよ。

そこからの反応は、当たり前かもしれませんが、伽良の好きな人は教師であってそれはマズイでしょ、と。

だけど、伽良の気持ちを知って納得するんですよね。

 

さて、ここで綾井が卒業証書を持ってきます。

当日にやってくるのは、教師として当たり前ですが、大変でしょう。

ここで、一つ面白いことを言うのが伽良の母親。

 

門限は8時、と綾井に伝えたんです。

どういう意味なのか考える綾井は、その後一瞬で気付くことに。

意外とお母さん、あっけらかんとしていました。

結構、良い根性していると思いますよ、伽良のお母さんは。

これで障害は乗り越えたも同然。

 

そこで、綾井はケータイに入っていたある着信記録を掘り起こして耳にするのです。

ケータイの中には、とても大事な大事なメッセージが入っているのでした。

そして、時は流れた金曜日の日に急ぐ綾井。

綾井が急いでいる理由というのは・・・?

 

最後の最後にすれ違いを起こしてしまった2人の詳しい話の結末は、ぜひ本編を覗いて確かめてみてください。

Handyコミック「これは恋です」を読む(スマホ版)

BookLive「これは恋です」を読む(PC版)

感想について

綾井は当面の間は伽良のお母さんに頭が上がらないでしょうね。

というか、下手したら別れるまではずーっと頭が上がらないでしょう。

 

いやはや、やはり色々と経験している女性の目は鋭いものだ、と感じさせられました。

世の男達の浮気が簡単にバレてしまうのは、伽良のお母さんの様な鋭さがあるからなんでしょうね。

 

話の内容としては、一件落着して良かった、という感じです。

伽良と綾井に関しては、正直に言ってしまえば、結末の流れは予想通りでした。

ならば、気になるのはサブキャラの周りの人々だろう、と感じてサブキャラに視点を当てて私は読んでいました。

 

その中でも、やっぱり良いキャラしていたのは辺名先生でしょうね~。

気持ち悪いとか変態とか言うけれど、あそこまで情に熱い人って貴重ですからね!?

しかも、頼られたら頼られたで、それだけのお仕事はキッチリとこなしてくれるし。

 

変態さえなければ・・・・と惜しがられるのも、無理はありません。

ああ、変態さえなければなぁ・・・(笑)

まとめ

そうそう、私の友達の学生時代の話で「これは恋です」に似た話があったのを思い出しました。

彼らは見事に結婚したそうですよ、マジで。

確か年齢差は10歳くらい離れていたかな?

学校卒業後に即女の子から教師へ告白したそうです。

 

と、関係の無い話をしてしまいましたね。

全9巻ということで、読むのはそこそこ時間が取られます。

また、絵柄は問題ありませんが顔の描き方が特徴的なため、苦手な人もいるかもしれません。

 

それでも、生徒✕教師ものとしては、ケチのつけようが無い仕上がりになっています。

ぜひ、手にとってみてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「これは恋です」を読む(スマホ版)

BookLive「これは恋です」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です