「ヒロイン失格(漫画)」最終回のネタバレ!幼馴染の恋の最後とは

「ヒロイン失格(漫画)」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ヒロイン失格」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ヒロイン失格」無料試し読みへ(PC版)

「ヒロイン失格」最終回のネタバレ

三者三様ならぬ、四者四様の状況。

はとりは利太を思うものの、廣祐とやり直したりっていう展開が挟まります。

一方、利太は未帆のビッチ具合をどうにかしようっていう責任感から、ふらふらし続けていました。

 

廣祐に言われてはとりも廣祐に傾くのですが、心の内側というのは幼馴染の利太に傾いているわけです。

そうなると、廣祐の報われなさっぷりが目立ってきます。

はとりの心の内側とかの描写が、より報われなさっぷりを加速させていきます。

 

利太と未帆の方はというと、未帆のビッチ具合が少しだけ改善・・・した形。

改善というものの、利太のしつこさに根負けした形で、一応男絶ちって感じですね。

多分、大学生か社会人ですぐに元に戻りそうなレベルです。

 

残っているのは、はとりと廣祐と利太。

結末としては、どうなるかっていうのは、何となく廣祐が「報われない」と書いていることがから察してもらえるでしょう。

はとりと利太がどういうようなくっつき方をしたのか。

 

このシーンは、80年代後半~90年代前半にかけて放映されていた月9などに通じるものがありますね。

現実じゃ恥ずかしくてできないよー、というものです。

 

そんな恥ずかしいラストシーンの詳細は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「ヒロイン失格」を読む(スマホ版)

BookLive「ヒロイン失格」を読む(PC版)

感想について

それぞれの状況を見ても、どいつもこいつもフラフラしすぎじゃないか!と思いましたね。

未帆がビッチだったっているのかなー、とも感じましたし。

また、未帆への責任感を利太が感じる必要も無いですよね。

 

ビッチだったりヤリチンだったりっていうのは、その人の「性根」に当たるわけですから。

周りがなんと言おうとも、変わるためには本人の努力が無い限り無理ですもん。

ただ、これは大人の話なわけで、多感な高校生だと無理と分かっていてもやってしまうのでしょう。

 

多分、私自身がこのような考えになったのは、自分自身が年を食ったからなのかもしれませんね。

あんまり、年の話はしたくないですけれど・・・。

 

廣祐を見ていると、「君に届け」の三浦健人を思い出します。

健人もまた、廣祐同様に女の子に対してはフランクというか、ふらふらするような付き合い方でしたからね。

そういったキャラが、何かのキッカケで男らしく変わるっていうのは、私は好きです。

そのため、利太じゃなくても良いんじゃないかなー、と思っていたのが正直な気持ちでした。

まとめ

全10巻という形でまとめられていますが、内容としては7巻くらいでまとめられそうな雰囲気でしたね。

ただ、そのー10巻の表紙です・・・かね。

あんまり可愛くないってのが本音でした。

 

真正面向いて、両方の口角をニッと上げるだけじゃダメだったのだろうか。

そんな風に思わざる得ない表紙だったのが、心残りというところです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ヒロイン失格」を読む(スマホ版)

BookLive「ヒロイン失格」を読む(PC版)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です