「神さまの怨結び」3巻のネタバレと感想!知霧編はクライマックスへ

「神さまの怨結び」3巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「神さまの怨結び」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「神さまの怨結び」無料試し読みへ(PC版)

「神さまの怨結び」3巻のネタバレ

さて、今回で一つの話としてまとまります。

描かれてきた知霧に関して、色々と決着が付いた形に。

話の流れとしては、知霧を助けてくれた浦見台を助けるため、イジメる連中を誘ってHをする。

 

そうすると、Hをした男たちが次々と神隠しにあったかの如く、1人、また1人と姿を消していくのでした。

浦見台も何だかおかしい、という様に気付くには気付くんですよ。

そのことを確かめようとするものの、知霧は「わざと」軽蔑的な言葉遣いや態度で遠ざけます。

全ては自分を救ってくれた人のために。

 

ただ、ここで一つ大変な状況が起きます。

蛇が冒頭で言っていたように、「呪い」がどういう方向に動くか分からない、ということでした。

それが、イジメを行っていた連中を消した時に、知霧の身に降りかかってきたのです!

知霧に降りかかる呪いのことを知ったクビツリが駆け出すシーンは、熱いですよ。

 

さて、降りかかった呪いというのは、何も難しいものではありません。

ただ、単純に「彼ら」と同じになる。

つまりは、今までHして消してきた男たちと同じ運命を辿る、ということ。

 

しかし、実はこの消える呪いには、ある「えん」がキーとなり、物語に一つの結末をもたらすのでした。

さらに、登場してくる新たな伏線。

そして、新たな物語。

 

詳しい話の流れは、ぜひ本編を覗いて確かめてみてください。

Handyコミック「神さまの怨結び」を読む(スマホ版)

BookLive「神さまの怨結び」を読む(PC版)

感想について

私はエロ漫画を読んでいたのか・・・・!?

いや、それくらいエロシーン多いです。

掲載誌からして仕方ないんですがね。

下手なエロ漫画よりもエロいので、目の向けどころに困ります。

 

しかし、こうして読んでみるとエロと切ない物語っていうのは、どうして、こう、相乗効果を発揮するんでしょうか。

今回も救ってくれた男の子を助けるため、ということで自分の体を使って男たちを消していきました。

なんというか、やるせなさが込み上げてきてしまいます。

これは、私が神様視点である読者である、ということも関係しているのでしょう。

 

さて、知霧に関しての結末は、多くは触れませんが救いようはある結末です。

ですが、救いはあるものの、本人が救われるまでには時間が掛かるので、それがいつ本作で描写されるか気になります。

もしかしたら、最終回の一コマで登場したりするかもしれませんし、物語の消化が8割くらい終わったところで、描写されるかもしれません。

 

この辺りは、どうなるかは分かりませんが、知霧は幸不幸を言えば、その間にいる

ということは、確かです。

どうなるんだろうなーって楽しみに待とうと思います。

まとめ

ちなみに、3巻の巻末には「電子版のみの限定特別画集」も追加。

単行本に電子書籍をDLするプロダクトキーとかあればなー、と思います。

あればなー、あればなー。

どこか付けてくれないかしら?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「神さまの怨結び」を読む(スマホ版)

BookLive「神さまの怨結び」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です