「リアルクローズ」漫画版の最終回のネタバレ!最後に絹江が選んだ道とは

リアルクローズ」漫画版の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「リアルクローズ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「リアルクローズ」無料試し読みへ(PC版)

「リアルクローズ」漫画版の最終回のネタバレ

入社5年目で夫人服売り場に飛ばされた絹江も、様々な苦難を乗り越えて2つの選択を迫られていました。

田渕と共に中国へ行くか。

それとも、日本に残って昇進を選ぶか。

 

この決断が最終回に向けての大きな話の軸となっていました。

とはいえ、掲載誌「You」ということから切っても切り離せない関係である結婚の話は、既に決まりきっている結果だった、とも言えるでしょう。

 

どちらを選んでも痛みが伴うもので、片方は好きな人の側に。

もう片方は、別れがあるけれども社会人として生きがいとも言える仕事で、大役を任せられていく。

さあ、どっちを選ぶのか!?

ということで、中国語の勉強を初めて着いて行くって言う言葉を伝えるんですよね。

 

これは、絹江が4巻までに付き合っていた長年の彼氏に振られてしまった。

しかも、振られたのが結婚寸前まで行っていた、ということも影響しています。

逃したら最後・・・これ以上は無いッ!という感じですね。

 

でも、この絹江と田渕の結婚話については、なんだってー!?と言いたくなるような選択になります。

簡単に言えば良いとこ取り。

この良いとこ取りが出来たっていうのが、絹江のある感情が満たされたからなんです。

 

仕事は人事異動、長年交際した元カレとは結婚寸前で別れ、もうどうしたら良いのだろう。

1人では立ち直れない。

そんな絹江が、田渕と出会ったおかげで強くなり、1人でも大丈夫である、と明言したのです。

 

その時のセリフというのが、また絹江の成長っぷりを明確に表しているセリフなんですよ。

広がりきった風呂敷は、見事に回収され続けていき、大円団となりました。

 

詳しい話の流れに関しては、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「リアルクローズ」を読む(スマホ版)

BookLive「リアルクローズ」を読む(PC版)

感想について

読み続けていくと、結末に関しては何となく察することができるのですが、やはり絵と文字で明確にされると感慨深いものがあります。

感想兼ネタバレ的な感じになっていますが、殆ど語りたいことは語ってしまったかなー、と。

 

実際、自分が選択する立場だったらジレンマに陥ると思います。

最愛の人の隣にいたい自分と、仕事に打ち込みたい自分。

ここは、年齢も加味されるでしょうが、20代後半だったら確実に後者に傾いているかも。

 

仕事の段取りが分かり、任される業務も増え、回し方や効率性を追求し始めて・・・という、凄く面白い段階です。

そこで結婚してしまったら、中国へ行くことになったら、と考えると難しいですよね。

 

だからこそ、あの作中での良いとこ取りを決めたのでしょう。

自分なら、自分たちなら大丈夫、という思いが胸の中にはあったからこそ出来たのです。

いやー、めでたしめでたしで良かった良かった。

まとめ

ラストのシーンは、1巻から読み続けていた人にとっては、胸の高まりが抑えられない演出となっています。

思わず私は、はにかんじゃいました。

 

あと、松茸。

松茸です。

とても重要なものなので、見過ごさないようにしてください。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「リアルクローズ」を読む(スマホ版)

BookLive「リアルクローズ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です