「こっちにおいでよ。」最終回の結末のネタバレ!縺れた恋の行方とは

「こっちにおいでよ。」最終回の結末のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「こっちにおいでよ。」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「こっちにおいでよ。」無料試し読みへ(PC版)

「こっちにおいでよ。」最終回までの簡易あらすじ

純粋な中学生時代。

幼い頃から明日美の心のより処、今や大人気ボーカルの潤と大親友である真尋にそのことを過保護されながら今日まで、コミュニケーション力の低いまま生きてきた。

露出狂の大人の人から痴漢まがいな行為を見せられ、恐怖と人間不信に陥ってしまう。

 

そして、ひょんなことから出会う大学先の芳彩。

彼は明日美の短所をズケズケと発したかと思うと、本心は気に入っている、だから、傷付けたくない、と飴と鞭のような発言をする。

それに明日美は振り回されながら、明日美の声と似ている人に好意を寄せる芳彩と交際を始めた。

 

それも長くは続かず明日美から身を引くことに。

そんなこんなで秘かに想い続けていた潤と。

しかし、芳彩と付き合う前、芳彩の手癖の悪さで女性がらみによる強姦未遂を明日美は強いられる。

 

そこで過去のトラウマがフラッシュバックして__。

明日美は思い出す過去と向き合い、潤との付き合いを考える最終巻である。

ネタバレと感想

ひょんなことから明日美と出会いを果たす芳彩は、人気モデルであり、潤の最新PVに出演し明日美と思わず本当にキスをしてしまいます。

ですが、明日美のもつトラウマに反応することはなく、女遊びの激しい芳彩に信頼を寄せていく彼女に、私は疑念を抱かずにはいられません。

 

しかし、芳彩という男の子の人物を知ることになるのは、明日美が芳彩の女絡みが酷すぎるせいで、「お仕置き」と称して複数の男に明日美を襲わせた出来事。

助けに来れた真尋と芳彩が見た明日美の姿は私も息をのみました。

尋常ではない体の震え、荒い呼吸。

 

襲う側の男らも恐れをなして逃げていく逃げ腰姿にも、目をやる余裕はなく明日美の恐怖におののき、フラッシュバックする記憶に目が離せません。

大好きな兄的存在で指一本と、トラウマを気にして触れてこなかった潤本人が、明日美のフラッシュバックした記憶の主要人物となってしまい、真尋と潤が必死に隠そうとする明日美への過保護ぶりも垣間見えます。

 

それは、真尋の恋愛感情に似ても似つかないくらい、芳彩との接触を特に嫌い、心を開くことを恐れる真尋は潤と「運命共同体」と言う理由がわかる気がします。

二人は1つで明日美を。

明日美が事実を知ってなお、潤と一緒にいられるような強さを手に入れられたのは、芳彩のお陰だと私は考えてしまいます。

 

屈折する四人の思考がこの漫画のストーリーを盛り上げていく最高のラストです。

Handyコミック「こっちにおいでよ。」を読む(スマホ版)

BookLive「こっちにおいでよ。」を読む(PC版)

まとめ

少女漫画特有のキュンとさせる要素の焦点が少し違うので、この漫画だけ、オンリーワンの存在のような感覚に新鮮さを覚えました。

ストーリー性も特殊で、女の子同士が……恋愛感情……?と思わず想像を駆り立たせる作品です。

読者の考え方1つで、この漫画は様々な形へと七変化していくと思うので、貴方なりの楽しみかたを見つけてほしいと思います!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「こっちにおいでよ。」を読む(スマホ版)

BookLive「こっちにおいでよ。」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です