「魔王 JUVENILE REMIX」最終回のネタバレ!

「魔王 JUVENILE REMIX」の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「魔王 JUVENILE REMIX」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「魔王 JUVENILE REMIX」無料試し読みへ(PC版)

「魔王 JUVENILE REMIX」最終回のネタバレ

潤也のイカれっぷりが最初からピークになっている巻でした。

ボウリング場で登場した時から、もうイカれ狂っていましたが、令嬢壊滅が最大のピーク。

血だらけに、鼻血出して、「俺は全然普通だよ。」とか大声で叫ぶ奴が普通な訳ありません。

 

しかし、そんな精神状態がイカれていた潤也を救ったのが、死んだ安藤なんですよ。

「約束しよう・・・賭けても、いい・・・」という声。

この声のお陰で潤也は、救われるのでした。

 

さて、そんな状態から時は過ぎます。

舞台は10年後の仙台。

そして、10年経った潤也の隣には詩織の存在が。

今、潤也は「猛禽類の定点調査」という仕事を行って生計を立てています。

 

この時の潤也の顔は、10巻のボウリング場で暴れ狂っていた人間と同一なのか、と疑うほど綺麗な顔をしているので必見。

そして、ラストシーンは意味ありげな感じで終わります。

羽が舞い散っているのですが、その意味するものを考えてみると・・・?

 

タイトルにもなっている「魔王」とは誰なのか。

潤也と犬養が対峙した時に、犬養が潤也へ投げかけた言葉。

 

それらの詳しい内容や話の流れに関しては、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「魔王 JUVENILE REMIX」を読む(スマホ版)

BookLive「魔王 JUVENILE REMIX」を読む(PC版)

感想について

怒涛、とにかく怒涛の勢いで描かれた10巻でした。

10巻も続くと失速や中だるみが起きやすいのですが、そんなこと一切無かったですね!

命を削りながら、取り巻く人物たちと共に犬養を追い詰める潤也の狂気にも似た行動は、読み手側を熱狂的にさせてくれました。

 

さて、漫画の中には自分の頭で考えろ的なニュアンス。

いえ、そんな直接的な言葉が出てきます。

私もそうなのですが、大人になると考える事を止めたくなるんですよね。

疲れるから。

 

だから、周りに合わせて行動していればいいし、その方が安全だから楽だよね、と。

だけど、それは自分の可能性や未来を閉ざしている行為である。

ということが、漫画を通してメッセージとして伝えられているのではないか、と感じさせられました。

 

煽動者に煽られ自分の意見を持たず、アイツが、あの人が言ったから安心だ。

もし、皆が皆、自分で考えずに周りの意見に流されるだけの存在となったら・・・?

それは、果たして自分の人生なのだろうか、と問いたくなります。

 

なんだか、最終回の感想というよりは、全体的な総括になってしまいましたね。

だけど、読んで思ったことは、この感想に書いてあることが全てでした。

いやー、読んで良かった作品ですね、本当に。

まとめ

力強い描写とテンポよく進んでいってしまう漫画なので、一度手をつけたら読み終わるまで寝られなくなるでしょう。

実際に、私は夜が深まる深夜3時までノンストップで読んでしまいました。

くれぐれも翌日に予定がある場合は、気を付けてくださいね!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「魔王 JUVENILE REMIX」を読む(スマホ版)

BookLive「魔王 JUVENILE REMIX」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です