「これからはじまる恋をおしえて」あらすじネタバレ!感想もあり

「これからはじまる恋をおしえて」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「これからはじまる恋をおしえて」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「これからはじまる恋をおしえて」無料試し読みへ(PC版)

あらすじとネタバレ

大学の夏休み、母と地元の田舎で倒れ入院したという祖母のお見舞いにやってきた桜田晶ちゃん。

おばぁちゃんを元気づける為、幼馴染みだったという颯太郎さんと嘘の結婚をすることに。

何故か成り行きで、その後も嘘の新婚生活を送ることになってしまいます。

 

お互い必要以上に干渉しないというルールの下同居を始めた2人でしたが、大学でばったり遭遇!

颯太郎さんは大学の講師「嶋先生」だったのです。

どうやら嶋先生の方は始めから知っていた様ですが、気付かなかった晶ちゃん。

 

奇妙な同居生活の中徐々に思い出していく嶋先生との記憶。

付き合っていた辻堂先輩との決別など、様々な出来事を乗り越えて嶋先生に惹かれていく晶ちゃん。

「私が 嶋先生に何ができるんだろう・・・」

そして遂に恋してることを自覚した晶ちゃんでしたが、事ある度に自分が子供扱いされている事を実感するのでした。

 

突然、偽装結婚&同棲生活。

しかも、それが大学の先生。

これから、2人の生活はどうなっちゃうの?

 

さらに、何やら他にも色々と巻き起こりそうな感じがしてきて・・・・。

それらの詳しい話は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

Handyコミック「これからはじまる恋をおしえて」を読む(スマホ版)

BookLive「これからはじまる恋をおしえて」を読む(PC版)

感想

元幼馴染みで大学の先生をしていて、物腰も柔らかくてイケメン!

でも。人混みが苦手だったり自分の事は全然出来ない、という家庭的女子を釣る為だけに存在するような嶋先生に、ちょっとむかつきます。

でも、それ以上に純粋でお母さん気質、家事もこなして真面目で可愛いアキちゃんを見ているのが楽しい作品でした。

 

物語始まって早々に失恋するアキちゃんですが、やっぱり落ち込んだときに優しくしてくれる人がいるとコロッと心が恋に落ちてしまいますよね。

しかし元々幼馴染みで小さい頃はべったりの様だったアキちゃん。

これは新たな恋というより「やっぱり私嶋先生の事が初めから・・・!」みたいな再確認の様な恋なのでしょうか。

 

実は、1話ごとに嶋先生の小話が軽く挟まれるのですが、そこでは嶋先生のアキちゃんに対する気持ちが垣間見ることができます。

水族館でのデート?や日常での細かい触れ合いで何気なくアキちゃんをドキッとさせてしまう嶋先生。

幕間の小話を踏まえて読み進めていくと、嶋先生の内心を想像出来て凄くニヤニヤしながら読むことが出来て楽しいです。

 

正直なところ内緒の同居暮らしと言う事で同居がばれそうになる!という事件が多い展開を予想していました。

しかし、実際は少しずつ変化していくアキちゃんの心象や、嶋先生との関係をしっかりと描いていて驚きました。

全く関係ないけれど、一番驚いたのは嶋先生が風呂上がりタオル一枚で過ごしていたという事実でしょうか。

せめてパンツ、いやシャツも着ましょう。先生。

だから風邪引くんです。

まとめ

同居の続く晶ちゃんと嶋先生。 遂に晶ちゃんを迎えに来た嶋先生を辻堂先輩が目撃!

同居がばれてしまうのか! 再び接近する辻堂先輩の思惑は!

そして嶋先生に晶ちゃんの思いは届くのか

にやにやしながら楽しんでみては如何でしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「これからはじまる恋をおしえて」を読む(スマホ版)

BookLive「これからはじまる恋をおしえて」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

好みのジャンルはファンタジーから恋愛物まで暴食型。週刊は読むの辞めました・・・。近況報告:今は月刊マガジンか大体単行本をメインに買ってるかな?マンガ、アニメ、ゲーム等々サブカルチャー好きの20代。興味が湧けば何でも読むし、なんでもする。ゲームならアクションからRPG、STGにノベルゲーとなんでもござれ。スポーツ系はちょっと。体育会系理論は最近理解出来るようになってきた。 格好いい物も好きだけど、どっちかと言えば可愛い物の方が好き。萌えというより可愛いが好き。可愛い女の子より可愛いぬいぐるみが好きな感じかな。少女漫画だけは未だに手が出づらいけど興味はある、そんな20代前半男子。