「クピドの悪戯-虹玉-」あらすじとネタバレ!アソコから玉が出る!?

「クピドの悪戯-虹玉-」のあらすじとネタバレ。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「クピドの悪戯-虹玉-」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「クピドの悪戯-虹玉-」無料試し読みへ(PC版)

「クピドの悪戯-虹玉-」のあらすじ

父親の小さな金属工場を手伝っている睦月智也は、中学からの同級生・桐生麻美に自慰行為を見られてしまう。

しかし何よりも驚いたのは、その時、アソコから飛び出してきた紫色の玉だった。

これは睦月が謎の奇病に冒されているしるしだったのだ・・・。

詳しいネタバレ

睦月は、高校の修学旅行で、「童貞のまま処女と結婚する」という夢を語ります。

しかし、その夜、片思いの吉沢ヤスコの寝顔を見た睦月は、なんとその場で自慰行為をしてしまいます。

男女ザコ寝で勇気ありますねー。

当のヤスコが寝返りをうってしまったため、桐生麻美に顔射してしまうはめに・・・!

目を覚ました麻美ですが、睦月は寝たふりをして事なきを得ます。

 

幸か不幸か、高校を卒業し、父親の工場で働く今となっても麻美とは腐れ縁のまま。

時々あの忌まわしき思い出が絶叫を上げさせるとしても・・・。

そんな睦月ですが、工場の取引先の事務員・大倉伶子に恋をします。

もちろん童貞の睦月が考えるのはあのことばかり。

 

あろうことかまたしても、伶子を思って自慰行為にふけっているところを麻美に見られてしまうのです。

なんという縁なんでしょうか。

しかし、ここでもっと驚きの出来事が!

その瞬間に睦月のアソコから出てきたのは、紫色の玉だったのです。

気になった麻美が調べたところ、虹のように7回の玉が発射されると、生殖機能を失うという、謎の病でした。

 

まだ童貞の睦月はどうなってしまうのか・・・!

まんが王国「クピドの悪戯-虹玉-」を読む(スマホ版)

BookLive「クピドの悪戯-虹玉-」を読む(PC版)

感想について

クピド・・・ローマ神話に登場するキューピッドのことなんですね。

もしも、このキューピッドが悪戯心を起こしたら・・・?

というお話なんですが、表立ってはクピドは出てきません。

 

でも、見られたくない場面をみられ、いて欲しくない場面に相手がいたり、そういった場面にもしかたらクピドの悪戯だったのかも、という気がしてきます。

冒頭、玩具の拳銃のようなものから玉を射ち、自分の運の悪さを嘆く睦月の場面から始まります。

まさかの難病ものかな?と思いましたが、この玉が重要だったのです。

 

自慰行為を麻美に見られた時に、睦月から出てきた紫色の玉。

これが虹のごとく7回発射されたら・・・。

2度とできなくなる謎の病。

 

しかし、今のところそれほど深刻さはありません。

睦月は、取引先の事務員・大倉伶子に夢中だからです。

初めてのデートにこぎつけ、一喜一憂する毎日。

いやあ、さすが将来の夢が「童貞のまま処女と結婚すること」なだけあって純情です。

もちろんまだ童貞ですし!

 

でもこの謎の病、治療法はまだ見つかっていないのですが、睦月はそのことを知りません。

睦月のためにそれを調べた麻美は、それを言えずにいるのです。

睦月が片思いし、デートにこぎつけた伶子も純情で男慣れしておらず、とてもかわいいのです。

麻美も睦月を振り回すだけではなく、健気なところがあっていいですよね。

 

しかし、最初本当に無表情だった伶子が笑顔になっていくのは、やっぱりかわいいものです。

この微妙な関係に、よりによって童貞でかかってしまった謎の病がどう絡んでいくのか。

気になりますねー。

「クピドの悪戯-虹玉-」最終回のネタバレと感想

まとめ

この漫画、読み終わるか途中で必ずやりたくなることがあります。

それは・・・

検索です!

 

虹玉って本当にあるんじゃないかと思っちゃうんですよね~。

調べたらもちろんフィクションだったのですが。

赤玉が出てきたら打ち止め、とか、睦月と麻美が大きな虹を見る場面とか、ちゃんと伏線になっていたんですね。

お昼に食べるたこ焼きの最後の1個が食べられないとか、実は凝った構成になっているのも魅力の一つです。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「クピドの悪戯-虹玉-」を読む(スマホ版)

BookLive「クピドの悪戯-虹玉-」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。