「ミュージアム(漫画)」最終回のネタバレ!カエル男との戦いの結末

「ミュージアム(漫画)」最終回のネタバレです。

カエル男との戦いに決着がつきます。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ミュージアム」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ミュージアム」無料試し読みへ(PC版)

「ミュージアム(漫画)」最終回のネタバレ

カエル男・霧島と対峙。

対峙する前に妻子の死をこの時に知ります。

知ったと同時に霧島が沢村の前に飛び出してくるのです。

霧島は、妻子の殺し方を詳しく話、沢村を挑発して冷静な判断を下させないようにしました。

タガが外れた沢村は、霧島に向かって乱射しますが、一切当たらず鬼ごっこを開始。

 

その時です。

追いついたのですが、そのカエル男の男の様子がおかしい。

後ろ姿に見覚えがある。

実は、カエル男である霧島は、逃げ出した先で沢村の妻・遥と入れ替わっていたのです。

本当であれば、カエル男を怒りで射殺して、絶望に陥れられたはず・・・。

 

その計画が狂わされた霧島は、沢村の息子である将太を人質に沢村と遥の前に再び姿を現したのです。

そして、霧島が1つずつエンディングを提示していきます。

3つ目のエンディングを提示しかかった瞬間。

周囲を包囲していた刑事達がやってきていたのです。

 

霧島の隙を見逃さなかった沢村は、霧島へ銃で一発お見舞いしますが、防弾チョッキに阻まれてしまいました。

霧島は再び逃走を始めたのですが、外に出た瞬間。

そこにいたのは、顔面が大きく腫れ上がっていく霧島でした。

同時に、霧島は意識を失い病院へ搬送。

こうして、1つの事件は結末へと導かれ、事件は収束。

 

しかし、その1年後の沢村たちは、抜け出せない悪夢に囚われていたのです。

最後のエンディングの話が沢村の頭から離れません。

最後の一つのエンディング。

そして、ラストシーンにおいての意味深なバースデーケーキのろうそく。

最後に霧島から沢村に提示されたエンディングとは、一体なんだったのか。

 

あまりにも余韻が悪いラストシーンは、ぜひ単行本を覗いてみて確かめてみてください。

コミなび「ミュージアム」を読む(スマホ版)

BookLive「ミュージアム」を読む(PC版)

感想について

まず、ハンバーガー。

ハンバーガーは夢に出てきそうで、怖い。

あの封神演義の人肉ハンバーグを思い出すレベルです。

封神演義も気付いた時には怖かったですよねー。

 

本編は事件自体は解決したものの、浮かばれない結末が描かれました。

序盤からの疾走感も含め、このエンディングっていうのが、いやはや何とも形容しがたいものです。

私としては、絶望的なエンディングを迎えても良かったかも。

というのが正直な気持ちですね。

全てを失って慟哭するのも良し。

 

カエル男である霧島が色々なネタばらしをして、沢村に撃たれて高笑いしつつ死ぬ最後も良かったんじゃないか、と思います。

もちろん、沢村が負けてしまっても良かった。

なので、ラストの結末に関しては後味が悪く感じてしまい、もにょっとした気持ちが生まれました

それでも、全3巻の疾走感は良かったですね。

まとめ

本編も面白いのですが、読み切りも面白いです。

読み切りも含めると、かなりのボリュームなので実際は全4巻って感じでしたね。

読み始めたら夢中になってしまうので、時間がない時に手は出さないようにしておきましょう。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ミュージアム」を読む(スマホ版)

BookLive「ミュージアム」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です