「バンビとドール」最終回のネタバレ!欠けた物を取り戻せた2人

「バンビとドール」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「バンビとドール」最終回のネタバレ

はてさて、大変なことになっていました。

徹の彼女で、雷一のお母さんだった幸。

その幸の両親から徹は雷一が本当に徹と幸の子供なのか、という疑いを持たれていたのです。

そのため、幸の両親から君の息子(彼らにとっては孫)とDNA鑑定をしてくれ、と。

さらに、そこから引き取りたいとか言うんですよ。

 

頑なに徹はDNA鑑定を拒否した上で、幸に会いに行く・・・と言って姿を消し、バンビは大阪まで追いかけることに!

しかも、この時の徹は携帯なんて持っていません。

どう考えてもハードモード過ぎる。

加えて、バンビは土地勘も無いし大変。

 

色々とあって、徹は幸の両親に連休中だけ雷一を預けることを選択し、バンビとしばらく共にいることに。

ここで、徹が悩みます。

自分の子供じゃないかも、自分の元よりも幸の両親の元のほうがいいのではないか、と。

でも、ここでバンビが立ち直らせるんですよね。

 

バンビは自分の親の顔を知らないから。

徹に対して14年後に自分と同じにするのか、と問うのでした。

この言葉で決心がついたのか、雷一は自分の元に置いておく選択をしたのです。

そして、大阪から帰ってきた徹はバンビへ告白。

 

この時のセリフは、そりゃもう言われたら泣いてしまいます。

泣くほど嬉しいセリフを言われるんですよ!

さらに、ラストシーンは良い演出なんです、これが。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

イイハナシダナー!

ズビッと鼻をすすった所で、1つ思うことが。

もしかして、徹と雷一は血がつながってないのではないか、という説。

 

DNA鑑定をしていないのに加えて、幸とたった1回で出来るか。

いや、出来るには出来るでしょうが、もしかしたら別の男の子供なのではないか。

そんな不安も若干私の中で渦巻いているんですよ、今も。

話の流れというか、作風的には雷一が徹の息子じゃない可能性は2割。

実の息子である可能性が8割、という感じで私は考えています。

 

もしかしたら、「バンビとドール」で作者が伝えたかったのは、血の繋がりって大切なのかな

と、いうことなのかもしれません。

これは、私が個人的に思ったことですので、実際はどうなのかは分かりませんよ?

ただ、その流れがあってもおかしくはないかもなー、と思っただけです。

でも、命を賭してまで雷一を産んだんですから、徹との子であって欲しいよね、やっぱり。

まとめ

人生ハードモードなバンビと徹の2人が出会って、お互いに欠けた物を手に入れて・・・。

家族愛がテーマだったので、2人の恋愛は少なめでしたが、それが作品中で良いスパイスとなっていました。

バランス的には、丁度いい塩梅だったと思います。

全5巻でスッキリとまとめてあるので、気軽に手にとって読むことが出来るのも良い点ですね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です