「パーフェクトワールド」あらすじとネタバレ!身体障害者との恋物語

「パーフェクトワールド」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

あらすじ

あなたは障害のある恋はできますか?

インテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、会社の飲み会で、高校時代の初恋の人、
鮎川樹と再会する。

再会を喜ぶつぐみだったが、彼は車椅子に乗った身体障害者になっていて・・・。

ネタバレ

川奈つぐみ(26歳)はインテリアデザイン会社「クランベリーズ」でデザイナーとして仕事をしていた。

取引先の設計事務所との飲み会で、そこに勤める鮎川樹と再会する。

彼は、高校時代の同級生で、淡い初恋の相手でもあった。

 

つぐみはイラストレーター、鮎川は建築士を目指しており、夢を語るほど仲良しだった。

しかし、当時の鮎川には彼女ができて、つぐみの初恋は叶わずに終わってしまった。

卒業後は会うこともなかったが、再会のときめきを覚えるつぐみ。

だが、当の鮎川は事故で脊髄を損傷し、歩けない体になっていたのだ。

 

それでも、一緒に仕事をすることになり、また鮎川のことが気になるつぐみ。

だが、鮎川には、「誰とも恋愛するつもりもない。お前をそういう目で見ることない」とと言われてしまう。

 

身体障害者となった初恋相手との再会。

始めは拒否されていたが、それでも鮎川に引きこまれていくつぐみ。

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

同窓会などで高校の同級生に再会すると、相手が変わっていた、という経験は誰しもあるものだと思います。

劇的にいい方に変わっていて恋に落ちるなんてことは、漫画やドラマだけの話で-、ってこれも漫画ですが。

つぐみが再会した初恋の相手・鮎川も劇的に変わっていました。

ただし、車椅子に乗った「障害者」という形で。

 

それでも、実際に話したり一緒に仕事をしていると、以前に惹かれた相手だからか気になってしまうものです。

しかし、現実は甘くはありませんでした。

大学の時の事故で脊髄を損傷した鮎川は、仕事中の無理が祟って倒れてしまいます。

褥瘡、いわゆる床ずれのことですが、長時間同じ姿勢でいることで血液の流れが悪くなり、皮膚が死んでしまうことだそうです。

 

それが鮎川の背中にできてしまい、仕事の継続が危ぶまれます。

この場面、非常に緊迫したシーンなのですが、作者さんの絵が優しげなので、私のショックを和らげてくれました。

と思いましたが、慌てふためく同僚の会話から、鮎川を抜擢したことへの後悔みたいなものを感じてしまいました。

車椅子に乗っているけど、歩けないだけで、後は普通に仕事できるとか甘かったのだと。

 

つぐみも、「また次頑張ればいいよ」と励ましますが、鮎川にとっては慰めにはならないのですよ、これが。

次があるなんて、そんな保証はない。

彼らの仕事は、基本は一度きりの可能性が高い仕事をしている訳です。

その時に、「また次」などと言われたら、慰めにもなりません。

 

加えて、今回のようなことで倒れてしまったら、次にあるはずだったチャンスも与えられない。

または、与えられるとしても、その時も生きていられるか分からない。

というような、悲観的な感情が鮎川の中に渦巻いていたからです。

この事を考えると、本当に胸が詰まって言葉が出てきませんでした。

まとめ

初恋の相手が身体障害者になっていました。

それでも惹かれてしまうつぐみ、という単純な話を想定していたら、想定以上に打ちのめされる、とても重いお話です。

1巻の段階では、「パーフェクトワールド」というタイトルの意味を実感できないので、これ以降どうなるのか、怖いですが、知りたい気もします。

ただ、この1巻はお話として完璧にまとまっている、と思いました。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。