「虐待の家(なかのゆみ)」ネタバレと感想!受けた苦しみは連鎖する

「虐待の家(なかのゆみ)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「虐待の家」無料試し読み

「虐待の家(なかのゆみ)」のネタバレ

主人公のひとみは、直人と旦那の3人で暮らしている普通の専業主婦です。

しかし、子育ての実態は、他人から見たら『虐待』としか思えないような育て方。

殴る、ぶつ、物を振り回す。

 

そして、今も掃除機を振り回して、テーブルに直人の頭をぶつけて脳しんとうを起こさせてしまいます。

急いで病院へ連れて行った時、診察の帰りに昔の友達のみっちゃんと再会。

後日、みっちゃんの家へ訪問して遊ぶ約束をしたのでした。

みっちゃんの家へ訪問した時、直人が汚れた手で布団を触ってしまい、ひとみは癖で直人を思いっきりぶちます。

 

みっちゃんをはじめ周りからひとみは諌められますが、ひとみは暴力以外で躾をする方法を知らなかったのです。

実は、ひとみは小さい頃から父親の暴力で育ち、躾=暴力という図式が知らず知らずのうちに、頭へ刷り込まれていました。

直人はぶたれることに慣れて泣かなくなり、それがひとみの一発の力をさらにエスカレートさせる形にさせています。

この事に不安を感じていたみっちゃんは、後日ひとみの元を急に訪問することを決意したのでした。

 

さて、みっちゃんとの交流も終え、子育てに関するヒントも貰えたひとみ。

しかし、ひとみを待っていた現実は辛いものでした。

旦那から離婚を切り出されてしまったのです。

旦那に捨てられたひとみと直人。

 

そこに、みっちゃんとそのお友達がやってくるのですが・・・。

ひとみの家へ訪問した2人が見た衝撃的な状況。

そして、明かされるひとみのもう1つの秘密。

その他、トイレへ監禁し続ける、リストカットを繰り返す少女などの話が収録。

 

詳しい話に関しては、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「虐待の家」を読む

感想について

虐待する親の気持ちが分からない。

このような声をよく耳にしますが、実態は虐待って連鎖的に起きているんですよね。

この実態を的確に表している作品だと思いました。

もちろん、ちょっとビックリする内容も含まれていましたがね。

 

話は躾ですが本作のことから離れます。

ここ最近の親子関係を見ていると、虐待はせずとも子供を放任しすぎな感じもします。

この前も、ショッピングモールで走り回る子供とかがいましたし。

そんな子供たちを後ろで笑いながら、ゆっくりと歩いてついてくる親御さん。

なーんか、おかしいなぁ・・・と思わざる得ませんね。

 

子供が誰かにぶつかったり、勢い良く何かに突っ込む可能性だって否定できません。

これも躾の範囲だと思うのですが、なぜ事前に言い聞かせたりしないんでしょう。

何か事が起こってからだと遅いのにね。

少なくとも、自分はそうならないようにしよう、と改めて感じさせる出来事でした。

まとめ

過度な暴力表現が多めですけれど、実態をよく掴んでいる作品だと感じました。

そして、本作に触れ、私自身も子供を持った時には、何が躾か。

ということを、改めて考えさせてくれる作品でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「虐待の家」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です