「刻刻」ネタバレ!最終回で迎えた長きに渡る戦いの結末とは

「刻刻」の最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

 

「刻刻」最終回のネタバレ

8巻も最初からジェットコースターに乗った気分で始まります。

主要な話をしていくと、佐河の体から出ている糸がサナギのような形で繭を形成。

佐河の残っていた脳と臓器を覆い尽くしてしまって、膠着状態に落ちってしまうんです。

 

とりあえず、このままではどうしようもないので、死んだ人の片付けを優先にして動きました。

片腕を失った宮尾もこの時に生きていて、佐河の繭の糸が襲い掛かってくるんですけれど、ギリギリの所で樹里たちに助けられます。

凄く面倒そうなのが、佐河を覆う繭が周囲から栄養(?)を吸収しているらしいシーンが散見していること。

 

しかも、その糸の範囲を徐々に広げているんですよ。

マズイと思った一行は、樹里をはじめとして糸の拡大を阻止しに動きます。

この時に、霊回忍の認識能力向上により、佐河の繭の中身がわかります。

 

そして、繭の中にいたのは、なんと胎児!?

しかも、この胎児が生まれてきてしまったんですよ。

どうしようもないので、樹里達が世話をしつつ、止界から徐々に残っていた者達を樹里は抜け出させていきます。

 

そして、最後に残った樹里は覚悟を決めていたのでした。

その時に、樹里の前に現れた一人の女性。

静止した時が動き出したかのようなエピローグ。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

 

感想について

頂上決戦という感じで身構えたら、肩透かしを食らうと思います。

しかし、この何とも言えない透かしっぷりが、逆にたまらない。

今まで時が止まった世界を丁寧に丁寧に描かれてきました。

 

その印象を利用したのが、最後の方のシーンですね。

ガラッと変わるとまでは行きませんが、時の流れを感じられる幸せというのでしょうか。

平凡だけれども、それは実はありがたいことなのだ、ということに結末付近のシーンで気付かされましたね。

 

でも、止まり続けた世界に居残るっていうのも、面白そうだったんですよ。

止まり続ける世界に生き続ける辛さって、どういうものなのだろうか。

そして、その中で得られるもの、失うものとは何か。

こういった話も見てみたかった、というのが正直な気持ちです。

止まった時間を旅するっていうのも、面白そうですよね。

 

こう書くと、ラストに向けた展開が残念に思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

今まで戦い続きで、最後も戦いだろう。

このように、高をくくっていた私の考えを粉々に打ち砕いてくれたラストシーンは、胸を打たれた展開です。

戦って白黒付けて、スッキリするだけが物語の結末じゃない、ということを本作で教えられましたね。

まとめ

全8巻が短く感じるスピードで物語は進んでいきました。

ラストは本当に予想をしてなかったので、いい意味で裏切られましたね。

いやー、大満足でした!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です