「雛鳥のワルツ」ネタバレと感想!どうなる男子だらけのスクールライフ

「雛鳥のワルツ」ネタバレです。

感想も載せてあります。

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「雛鳥のワルツ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「雛鳥のワルツ」無料試し読みへ(PC版)

あらすじ

桜舞い散る高校の入学式。

幼い頃から女子校オンリーで育ってきたヒロイン・ひな子。

壇上で校長が話す一言にひな子は凍りつく。

今年は残念ながら女子は4人でした

今年から共学になったとはいえ、男慣れしていないひな子は大ピンチ。

 

男の野太い声や、ガタイの違いを嫌というほど痛感する。

それ故、女子の少なさはひな子にとって、死活問題であった。

廊下を渡る、それだけで周りの男たちの目を引き、完全に怯えてしまう。

一方、男たちの呼び掛けに快く返事をする、奇抜な格好が印象のあずさや清楚系の華は男慣れしている様子。

そんな中、一人の男・椎名だけがひな子は綺麗だと、瞬間的に見惚れた。

 

それは、初めての男友達になれる運命の出会いかと思われた。

それから教室に入っても、男ばかりで気が休めないひな子は、せめて隣の席は女子を、と黒板に書かれてある席順を見る。

幸い、”和久井瑞希”という女の子が隣のようで、ホッとしたのも束の間。

『は~い和久井瑞希です!よろしくねッ!』

肩に手を置かれて振り向くひな子の視界に映ったのは、裏声を出し最高のスマイルをふりかざした「男」だった。

 

その後も隣の席だということで、和久井がひな子の視界に入り、真面目に勉強を受けているかと思えば・・・。

教科書の間に挟んで読んでいるのは、グラビアアイドルの雑誌。

視線に気付いた和久井は、グラビアアイドルの雑誌を見せてこようとする。

それに慌てて抵抗していると、ひな子のどんくさい面が炸裂し、こけてしまう。

運命の出会いかと思われた椎名ではなく、女子と間違えてしまった和久井に「面白い」と気に入られたようで……?

ネタバレ&感想

個人的な情が入ってしまい、あらすじが和久井瑞希が重心になってしまったような気がします。

でも、実際のヒーローは椎名というクールビューティーを匂わせる男の子です!

椎名もカッコいいんですけど、私的には、ノリが良くてよく笑う和久井の方が好みなんですよね。

ひな子は廊下を渡る男たちの目に耐えられず、おろおろと後ずさりをしてしまいます。

 

そこで、目が合ってしまったのが、あのクールビューティーな椎名。

特に女に興味があるわけでもないのか、その後すぐに目を反らされます。

(そこがクールだと思いませんか!)

目が合ってしまったことを運命の出会いかのように、目を見開かせるひな子。

 

恋愛的な意味はまだないにしても、その純情可憐なところがとても可愛かったです!

ひな子の友達の「あずさ」こと「あずちゃん」が椎名の腕に触れようとする場面。

華の下着姿を盗撮した犯人をひな子が捕まえるも、返り討ちのように今あるはだけた格好を指摘されてしまって。

困り果てたところに、椎名が上着をかけてくれます。

 

そういうこともあって、親しみを込めてあずちゃんが触れようとすると、「触るな」の一言で振り払ってしまいます。

それには、ひな子も私も驚きました。

そこまで女子が嫌いなの?!という驚きで。

この一件以来、ひな子も椎名に関わらないように過ごします。

そもそも男子が苦手なので、怖いイメージを植え付けられたようでした。

 

その代わり、以降は和久井がよく絡んできます。

打ち解けやすい性格だからか、男子の前でガチガチになっていたひな子も、徐々に肩の力が抜けるようになったんですよ。

その大きなきっかけが、これまた華の下着姿盗撮。

椎名はひな子を助けましたが、肝心の画像が消えていないまま・・・。

かと思われましたが!

 

和久井が「消しといた」と翌日にちゃっかり助けてくれるんですよ。

あ、椎名もあそこで助けるのですから、少しはひな子に気があるのかと思ってしまいました!

だけど、動揺して転けたところを大笑いしたり、やけに優しい面を持つ和久井に、私の心は鷲掴みされたのです!

Handyコミック「雛鳥のワルツ」を読む(スマホ版)

BookLive「雛鳥のワルツ」を読む(PC版)

まとめ

はい、完全に和久井に射止められた私からの総括的まとめです!

クールビューティーで、冷徹なイメージのある椎名。

ノリが良くて、よく笑っている元気者の和久井。

 

そのどちらかに必ず見惚れてしまう、ということです!

両極にいる男子ほど、萌えるものはないと思います。

なので、この作品を手に取れば最後、貴方はどちらかに心を掴まれていること間違いなしですね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「雛鳥のワルツ」を読む(スマホ版)

BookLive「雛鳥のワルツ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です