「幸せのひこうき雲」ネタバレと感想!少年の人生は一体どうなる?

「幸せのひこうき雲」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「幸せのひこうき雲」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「幸せのひこうき雲」無料試し読みへ(PC版)

「幸せのひこうき雲」のネタバレ

両親の問題が原因でおばあちゃんに預けられ、田舎に引っ越してくる事になった丸藤竜二(がんどう りゅうじ)くん。

転校当日、おばあちゃんに新しい小学校へ連れられてきた竜二くんは、言い知れぬ不安感を覚えていました。

担任の西條先生との対面の後4年1組に入りますが、生徒たちが醸し出す雰囲気はどことなく奇妙です。

 

紹介も早々に、案内された席に座ろうとする竜二くん。

ですが隣の少年に挨拶した瞬間衝撃が走ります。

何と、少年は下半身丸裸ではありませんか。

梶山くんと呼ばれた彼は、スカートめくりの罰として先生にズボンもパンツも取り上げられて授業を受けていたのです。

 

「ホホホホ」と笑いながらにこやかに説明する美人教師の西條先生。

あまりの事に固まる竜二くんでしたが、梶山くんの指摘でランドセルをロッカーにしまっていないことを思い出しました。

えも言えぬ空気で物静かな教室。

内気な竜二くんは勇気を振り絞り女の子に声をかけますが、むっとした表情を返されます。

整美委員を紹介されましたが、その彼もまた下半身丸裸でした。

 

彼は意外にも気さくな整美委員の彼。

廊下にあるというロッカー付近で彼と話をしていると、2組の先生に叱られてしまいます。

何とも言えぬ微妙な雰囲気になってしまうのでした。

ある土曜日のこと、授業でサッカーを行います。

竜二くんのグループはボールの争奪戦に負けてしまいボロボロのボールを使うハメに。

 

空気が悪くなる中、竜二くんが誕生日に貰ったボールを持ってくる事を提案するとみんなは大喜び。

仲が大きく進んだ事で陽気な気分の竜二くんは、日直でも何のその。

教室に残り意気揚々と日誌を書き始めます。

 

しかし日誌を書いていると、教室に自分と西條先生しかいない事に気付く竜二くん。

一つの動作を行う度に、綺麗な西條先生へ視線を泳がせてしまい、日誌を書き切ることができません。

そして、内気なはずの彼は、大胆にも西條先生のスカートの中を覗こうとしてしまい・・・。

そこで、竜二が見てしまった物とは!?

 

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いてみてください。

Handyコミック「幸せのひこうき雲」を読む(スマホ版)

BookLive「幸せのひこうき雲」を読む(PC版)

感想について

絵から伝わる濃密な空気を感じる物語でした。

本自体は1998年と今では古いと言われそうな時代の物で、絵も時代相応といいますか、今ではもう見ないような作画になっています。

しかし、絵から伝わってくる空気感が本当に絶妙です。

セリフが無いカットも多く、余計に情景から感じる印象が頭に残りました。

 

また、田舎っぽいというと語弊がありますが、土着の登場人物は大体特徴的なキャラクターが多いです。

地元の人間は表情が読み取りづらく、その代わりか個性的。

対して転校生の竜二くんや今時(?)の女性である西條先生は、表情豊かで今風な感じがします。

そのおかげで、田舎という内向的な世界において異質な二人がメインの役所だという事が言外に伝わってきます。

まとめ

都会とは異質な世界にやってきてしまった竜二くん。

彼は果たして、どんな生活を送るのでしょうか。

そして何より西條先生のパンツは見られるのか!

 

むかしの田舎ってこんな感じだったのかな?と想像しながら読み進めると、世界観にどっぷり浸かれるかも知れません。

スカートめくりの罰で下半身丸出しは、さすがに昔の田舎でも異常だとは思いますけど。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「幸せのひこうき雲」を読む(スマホ版)

BookLive「幸せのひこうき雲」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

好みのジャンルはファンタジーから恋愛物まで暴食型。週刊は読むの辞めました・・・。近況報告:今は月刊マガジンか大体単行本をメインに買ってるかな?マンガ、アニメ、ゲーム等々サブカルチャー好きの20代。興味が湧けば何でも読むし、なんでもする。ゲームならアクションからRPG、STGにノベルゲーとなんでもござれ。スポーツ系はちょっと。体育会系理論は最近理解出来るようになってきた。 格好いい物も好きだけど、どっちかと言えば可愛い物の方が好き。萌えというより可愛いが好き。可愛い女の子より可愛いぬいぐるみが好きな感じかな。少女漫画だけは未だに手が出づらいけど興味はある、そんな20代前半男子。