「マージナルオペレーション」4巻のネタバレ!次なる舞台は日本

「マージナル・オペレーション」4巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「マージナル・オペレーション」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「マージナル・オペレーション」無料試し読みへ(PC版)

「マージナル・オペレーション」4巻のネタバレ

子供たちを連れ、会社を辞めて独立したアラタ。

4巻は、3巻から1年後という設定で始まります。

無事に日本の成田空港へと降り立ったアラタたち。

そこで、人質を取ってナイフを振り回す通り魔事件に遭遇。

アラタの指示のもと、通り魔を戦闘不能に追い込んだ子供たち。

 

事件を解決したはいいが、お陰で事情聴取のため警察へと行く羽目に。

そこで出会ったのが、「伊藤幸恵」という偽名の女性。

実は彼女、日本政府の諜報機関の人間でした。

政府の諜報機関は、アラタたちが日本に到着した瞬間からその動向を警戒して監視。

そして、この「イトウさん」が、事ある毎にアラタへ接触してくるのです。

 

勿論、その気配に気づいていたアラタたちですが、目的は日本観光。

その旨を伝えると、今度は「バイトしませんか?」という誘いをかけられる始末。

日本では、仕事をするつもりのなかったアラタとオマル。

けれど、偽造パスポートを見逃されていたことを知り、受けざるを得なくなります。

バイト内容は、ある新興宗教団体教祖の警護。

 

この宗教団体というのが、仏教信仰を隠れ蓑にした荒くれ集団。

武術と銃器の融合という教義を持った、いわゆる過激武装組織でした。

武力を持った組織は、試しの場を求めて政府の諜報機関と手を組むことに。

そして、表に出せない仕事を請け負っていました。

けれど、教祖がその報酬を隠して貯め込んでいたことがバレてしまい、信者たちの怒りを買い命を狙われる立場になります。

 

諜報機関は、裏社会の情報提供者としても教祖を使っていました。

情報漏洩を避けるためにも、教祖をなんとかして国外へと逃亡させたいわけです。

バイトの報酬は、750万円。

しかも武器の調達は、犯罪組織の密輸現場から奪い取って仕入れろというスパルタ具合。

そればかりか、思春期特有の扱い難さを発揮して不機嫌なジブリール。

 

同じく思春期真っ只中のジニは、アラタの第二夫人になることを希望。

そして、アラタを探し秋葉原を彷徨っていたソフィアとの遭遇。

アラタには頭を抱えたい問題が山積します。

けれど先ずは、バイトのための武器調達。

武器を得るための武器を何とか仕入れたアラタたちは、犯罪組織の密輸現場へ。

 

観光で日本へ来たはずが、予想外な方向へ流されていく。

尽きない悩みを抱えたアラタは、無事に子供たちを守り切れるのか。

そんな気になる日本編の結末は、次巻へと持ち越されます。

Handyコミック「マージナル・オペレーション」を読む(スマホ版)

BookLive「マージナル・オペレーション」を読む(PC版)

読んだ感想

子供が銃を片手に、戦場を走り回る現実。

そんな現実から、どうにか子供として当たり前の生活をさせたいアラタとオマル。

けれど、そこまで辿り着くには資金も、場所も、何もかもが足りない。

そこでアラタは、子供たちを戦場のない日本へと連れて来ます。

まだまだ現実的な問題から、戦場で生きていかなくてはいけない。

 

だから、少しでも子供たちには、安らかに笑える時間を過ごさせてあげたい。

アラタとオマルの心の内が見える4巻でした。

いつでも、アラタは自分の不甲斐なさに悩んでいます。

この時の子供を守れる大人であろうと悩み苦しむアラタは、とてもカッコいい。

 

一方、ただ戦争に利用されるだけだった子供たちも、次第に個々の個性を発揮。

個性溢れる子供たちには、自分の未来を当たり前に描けるようにさせてあげたい。

そのために、アラタは「子供使い」と呼ばれる有能な戦術家として。

またオマルは、「子供使い」の右腕として戦場を生きていきます。

 

大人たちは、子供たちを守り切れるのか。

そして子供たちは、未来を描けるのか。

今後の展開が、とても気になります。

「マージナル・オペレーション」5巻のネタバレと感想

まとめ

タジキスタン編の3巻から、1年という時間が経過した4巻は日本編がスタート。

和やかなシーンの多かった4巻ですが、次巻は日本編の完結。

作戦も開始され、大きく展開していきます。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミック「マージナル・オペレーション」を読む(スマホ版)

BookLive「マージナル・オペレーション」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。