「漂流ネットカフェ」最終回のネタバレ!明かされた謎と初恋の結末

「漂流ネットカフェ」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「漂流ネットカフェ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「漂流ネットカフェ」無料試し読みへ(PC版)

「漂流ネットカフェ」最終回のネタバレ

世界の謎も明かされていきました。

世界の謎というのが、もう一つの平行世界だったこと。

元の世界に自分自身は存在し、平行世界に行ったのは魂の分離のようなものだったこと。

これらが、最終巻で明かされていきました。

 

そして、残る問題は・・・土岐の初恋。

遠野との決着だけ。

巻き込まれた人々が現実世界へ帰還し、残っていた土岐と遠野。

2人は、建物から外へ出て、とある校舎に踏み込む。

 

校舎に踏み込んだボロボロの遠野は、みるみる綺麗に、いや若返っていった。

遠野の声と仕草に導かれ、土岐も校舎へと一歩踏み出す。

すると、遠野同様にボロボロだった自分の体が治り、さらには当時の制服を着ていた。

遠野に抱きしめられ、この並行世界に居ても良い、と言われた土岐。

だが、土岐が選んだ道は違った。

 

今、目の前にいる遠野は、昔の土岐と同じで逃げてきた存在だ、と言い切ったのです。

『ただずっと・・・そこを夢見ていたかっただけ』

土岐は、この言葉を泣きながら遠野へとぶつける。

土岐の言葉をぶつけられた遠野の表情は、少し憂いを帯び笑っていた。

同時に、土岐は現実へと帰還するのだった。

 

土岐が女の子から言われた重要な日にち。

現実に戻れた人々は、一体どのような暮らしを送っていたのか。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「漂流ネットカフェ」を読む(スマホ版)

BookLive「漂流ネットカフェ」を読む(PC版)

感想について

世界の謎に関しは、あーやっぱりか、という気持ちを抱きました。

この辺りは、序盤、もしくは中盤くらいから予想はされていたんじゃないでしょうか。

さて、15年という長い長い年月の初恋にケリが着いた形で、物語は締めくくられます。

15年って長いですよねぇ。

 

初恋は呪いなんていう言葉もあるくらいですから、土岐の気持ちも分からなくはない。

でも、土岐の気持ちに共感できるかと聞かれたら、私は共感できませんでした。

過ぎ去ってしまったものを取り戻そうと足掻いても、当時の価値と今の価値では違います。

 

当時でしか「得られないもの」があるのですから、過ぎてしまった時間は忘れるか。

もしくは、静かに思い出して心の中で溶かして行くしかありません。

こんな偉そうな事が言えるようになったということは、私も少しは大人になれたのだと思います。

まとめ

そういえば、人から聞いた話なのですが、今でも夢で元カレ・元カノや初恋相手の夢を見る人は、その人達に未練があるそうです。

別れた理由が納得いかないとか、初恋がずっと片思いで、ケリを着けられなかった、とか。

もし夢で見てしまった場合は、紙に夢の内容を書き出して、ビリビリと破いてしまいましょう。

そうすれば、もう二度と見なくなると思いますよ。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「漂流ネットカフェ」を読む(スマホ版)

BookLive「漂流ネットカフェ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です