「それでも僕らはヤってない」2巻のネタバレと感想!様々な恋が展開中

「それでも僕らはヤってない」2巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

その他の巻に関しては、コチラからどうぞ。

「それでも僕らはヤってない」各巻のネタバレ

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」無料試し読みへ(PC版)

「それでも僕らはヤってない」2巻のネタバレ

主軸の話としてはキャリアウーマンである桐島。

そして、ブラック企業に勤めて体を壊してしまった真木田の話が中心。

春木に関しては、あんまり大きな展開は行われていません。

 

さて、キャリアウーマンである桐島は、年下の幼馴染との恋。

意識していなかった部分が表に出てきてしまい、恋をしていくこととなります。

恋をしたからなのか、好きな人に食べさせてあげたくなり、苦手な料理に手を出したり。

ツンツンな仕事ができる女性が、初めて恋をするような女の子へと変わっていく姿は必見。

そして、料理を一緒に食べていた時に不意に発した言葉は、破壊力抜群ですよ。

 

もう一人の主役である真木田は、大変な悪女に恋をしてしまっていました。

相手は、桐島たちとも同僚の八重坂です。

八重坂の趣向が一癖あって、「人の幸せを壊すこと」なんですね。

この2人の場合は、出会いはショーですが、実は通勤時にお互いを見知っていたのでした。

 

だけど、実際に出会って色々と話したら、男は童貞で女は悪女という相性最悪の組み合わせ。

そんな2人がどのように距離を縮めていくのか、というお話になっています。

もう1つは最後に収録されている話は、結婚したくない御曹司と、結婚したい女の子のお話。

まるで『ほこ×たて』を思い出すかのような話となっています。

 

それぞれの詳しい話に関しては、ぜひ単行本を覗いてみてください。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」を読む(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」を読む(PC版)

感想について

青木の話は、まだまだという感じで消化不良感が強かったですね。

2巻の中で特に良かった、と言えるのは元SEの真木田と八重坂のお話かな、と。

桐島のお話も良かったのですが、大人的な感じで言えば真木田&八重坂ペアに軍配が上がった形。

 

特に、八重坂が後編で見せた、とある表情は心をグッと鷲掴みにされてしまいました。

あのような表情をされてしまったら、男性は皆落ちてしまうでしょう。

でも、その後に「童貞が」と罵られちゃうんですけれどね。

 

あ、そうそう。

真木田曰く「同類はわかる」らしいです。

童貞の匂いというのか、行動というのか、何かしら共通点があるみたい。

ただ、それは童貞にしかわからないみたいで、私には謎でした。

一体、どんな共通点が童貞にはあるんでしょうか。

誰かに教えてもらいたいものです。

「それでも僕らはヤってない」3巻のネタバレと感想

まとめ

読んでいると恋愛っていうのが、尊いものというか、初々しい感じに思えてきます。

この作品が綺麗に描いているからなのか。

それとも、私の心が穢れきってしまったのか。

どちらなのかな、と考えてしまいました。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」を読む(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です