「それでも僕らはヤってない」4巻のネタバレと感想!空回りな恋模様

「それでも僕らはヤってない」4巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

その他の巻に関しては、コチラからどうぞ。

「それでも僕らはヤってない」各巻のネタバレ

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」無料試し読みへ(PC版)

「それでも僕らはヤってない」4巻のネタバレ

最初のトップバッターはお馴染み、桐島と平がトップを飾る形です。

(そういえば、何故かエピソードにタイトルが入ってなかったような・・・?)

何をするかというと、平のカフェを開く所なんですよね。

 

一応、お店は開けるんですよ。

でも、知名度が無いため客足は鈍くて、厳しい状態に置かれてしまいます。

そうなると年上の桐島が一肌脱ぐ(マジでとあるシーンで脱ぐ)しかありません。

だけど、平としては男のプライドが許さないんですよねー。

そこで桐島はポロッと本音に近い告白をするのが見どころ。

 

話は別の人に変わって、こちらは青木と瀬戸内へ。

桐島たちのカフェについてのお話で、こちらも盛り上がります。

なお、瀬戸内評からすれば、どっちつかずで客層が読めないから分からん、とのこと。

 

もっとハッキリさせなさい、というのでした。

さて、そんなこんなで、男青木の最大の見せ場がやってきます。

さらには、瀬戸内との関係も進んでいって・・・・!?

 

時田、藤野、芹沢の話も同時に進行中。

小林に対して、時田を諦めきれない思いを伝える芹沢と、ダメだった時は予備がいる。

そんな風にセーフティーラインを敷いてあげる小林。

というわけで、デキる上司である小林が飲み会をセッティングして、芹沢と時田を引き合わせます。

 

何故か、そこへいる八重坂は時田に対して『ヤッておきません?』などと誘惑してきたりと、もう大変。

だけど、最後の最後にチャンスを掴んだ芹沢!

遂に、勇気を踏み出して・・・!?

 

桐島と平、青木と瀬戸内、時田と藤野と芹沢。

彼らが見せていく恋模様は、一段落したものと加速していくものと様々です。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いてみてください。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」を読む(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」を読む(PC版)

感想について

どのカップルも拗らせているのですが、そこがまた微笑ましい。

今回、良い意味でも悪い意味でも一番の注目となるのが、青木&瀬戸内ペアでしょうか。

本作のタイトルである「それでも僕らはヤってない」に最も近づいたペアでした。

詳しい話は、ぜひ4巻で。

 

問題は、ラストの方ですよラストの方。

あのラストの方の展開は、どうしたいんだーって叫びたいですね。

ここから、泥沼展開にひた走るのか?

それとも、跳ね除けられるのか?

そこが気になって気になって仕方ありません。

時田は、どのような選択をするんでしょう。

まとめ

1~4巻で、それぞれ出てきたキャラクターたちは、一段落つき始めました。

問題は、メイン格に嵐が吹き荒れそうなことでしょう。

ちょっと、心配になってきますね。

大丈夫でしょうか。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「それでも僕らはヤってない」を読む(スマホ版)

BookLive「それでも僕らはヤってない」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です