「ぐらんぶる」6巻のネタバレ!発売日や月刊誌で各話を読んでた感想も

「ぐらんぶる」6巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ぐらんぶる」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ぐらんぶる」無料試し読みへ(PC版)

「ぐらんぶる」6巻のネタバレ

前巻で決まっていた青女の学園祭編。

何が行われるのかっていうと、まずはチケット争奪戦。

青女の学園祭はチケット制で、チケット入手には知り合いから。

もしくは、青女に通う子に誘われたりしないといけない。

そんな訳で、愛菜からもらっていたチケットで入りたい、という伊織たち。

 

しかし、1枚のチケットで入れる人数は4人まで。

壮絶な争いが始まるのですが、結局連れて行かざる得ないことになって、千紗は涙目。

これ自体は、千紗も千紗で悪い面があるのですけれどね。

こうして、晴れて入場できた青女の学祭。

だけど、伊織たちを待っていたのはケバ子カフェでの女装接待!

 

伊織と耕平がメイドのコスプレさせられて、延々と接客させられるハメに。

耕平は途中から、梓に設営の手伝いを頼まれいなくなってしまいます。

そこに、いつものメンバーがやってきて、伊織が調子に乗って問題を起こして、学祭から強制退去。

なんとか再侵入を試みる伊織たちですが、どうにもならない状況に諦めかける。

そこに梓が、ちょうど通りかかって・・・。

 

相変わらずダイビングのダの字すら出てこない漫画です。

とはいえ、今回は伊織やいつものメンバーが耕平に対する男気を見せる場面も。

このシーンは男であれば、納得できるシーンとなっているので必見でしょう。

 

詳しい話は、ぜひ月刊誌もしくは単行本で確かめてみてください。

コミなび「ぐらんぶる」を読む(スマホ版)

BookLive「ぐらんぶる」を読む(PC版)

感想と6巻発売日について

大学の一大イベントの学園祭編ということですが、学園祭を回ることは一切ありません。

そんな楽しいイベントが「ぐらんぶる」にあるわけないですよねー。

ホント、お前ら海に潜れよっ!と言いたくなってしまいます。

別の某ダイビング漫画と比較すると、本当に潜らないこと、潜らないこと。

本編の8割くらいダイビングに関係ない話が展開されている気がするぞ。

 

しかし、今回のお話としては、友情はいいモノだ。

というのが、示されている形となっていました。

そのせいか、絶賛伊織がフラグを立てまくり?

今後、登場するかは分からないキャラではありますが、恋愛のきっかけになりそうな展開では有りました。

 

元々、伊織は性格も口が滑る部分を除けば、顔も良いし仲間思い出もある良い男の子です。

モテないんじゃなくて、モテる環境にいないのが原因なんですよね。

実際、学部もサークルも男ばっかりなのが一番悪いわけだし。

でも、彼女を作ろうと環境を変えて本気で行動したら、千紗との約束(千紗が気が済むまで彼氏役)で脅されちゃうので難しいか。

 

そして、6巻の発売日については8月5日に発売予定。

今回は、意外と早かった気がしますねー。

まとめ

はてさて、7巻では潜るのか!?

というか、伊織はライセンスの取得問題をどう解決するんでしょう。

この辺りが7巻で解決したら、ダイビングももっと描かれるのかな?

そうだとしたら、早く伊織はライセンスの再取得に動いてくれー!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「ぐらんぶる」を読む(スマホ版)

BookLive「ぐらんぶる」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です