「不能犯(漫画)」ネタバレと感想!悪人を裁くは悪人しかいない

「不能犯(漫画)」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で「不能犯(漫画)」と検索すると読めます。

Handyコミックの無料試し読みへ(スマホ版)

BookLiveの無料試し読みへ(スマホ・PC共通)

「不能犯(漫画)」のネタバレ

とあるカフェで闇金業者の男が変死した。

死因は急激な血圧の低下によるショック死。

しかし外傷もなく毒物も見つからなかった。

変死事件の担当をする事になった夜目という女刑事は、変死した男と共にいた宇相吹という男に辿り着く。

 

異様な目をする宇相吹正(うそぶき ただし)。

宇相吹が猫に噛まれた夜目刑事の手首をべろりと舐めると、傷跡が異常に腫れてしまう。

困惑する夜目刑事は、宇相吹の行方を見失ってしまうのだった。

腫れ傷から毒物は見つからなかった。

「人を死に至らしめる何かを見つけてみろ」

 

宇相吹の挑発と受け取った夜目刑事は、係長の河津村からとある話を耳にする。

それは、「思い込みで人が死んでしまう」という話。

信じられないという態度の夜目刑事だったが、河津村の言葉によって自身の過去を強く思い出してしまう。

夜目は以前、思い込みで無実の青年を追い詰め殺してしまっていた。

自責の念で自分を見失った夜目刑事は、再び宇相吹の元へ辿り着く。

 

自分を新しい思い込みで塗り替えればいい。

そう語られながら宇相吹を受け入れてしまう夜目刑事。

そんな彼女に宇相吹は告げた。

「貴女は今夜、死ぬ」

宇相吹の去り際に目的を問う夜目刑事。

 

宇相吹の目的は、人の脆さを証明する事だった。

宇相吹の予告通り死んでしまう夜目刑事。

彼女もまた、思い込みにより自殺してしまう。

ある日、宇相吹の元に一人の男がやってくる。

男は、夜目に助言をしていた河津村という係長だ。

 

夜目が追い込み自殺させてしまった青年は、河津村の息子だったのだ。

河津村は息子を自殺に追いやった夜目を憎み、夜目を許したフリをして精神的にじりじりと追い詰めていく。

そして宇相吹に依頼し、息子と同じように自殺するように仕向けたのだ。

 

復讐を遂げた河津村は宇相吹の前で思いの丈を吐き出していた・・・様に見えた。

しかし次の瞬間場面は一転し、気付けば同僚の集まる部屋で独白していたのである。

宇相吹は一人つぶやく。

「愚かだね、人間は」

愚かと罵られた川津村へ宇相吹が何を行ったのか。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいと感じた方は、こちらのサイトからどうぞ。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

感想

宇相吹さん怖すぎ。

こんな人を主人公にして良いんですかね、と疑問に思うレベルで怖い人でした。

内容的には怖くないとリアリティが無いので、不気味な主人公にしたのでしょう。

ですが、そのせいで理解出来ない人物像に対する恐怖感がすごいです。

 

今のところ共感できない主人公No.1です。

またこう言ったイリーガルな存在がメインの物語には、大体正論を振りかざす対極の存在がいる事が多いです。

某CLAMPアニメのルルとスザクみたいな関係です。

 

ですが今回、そうなりそうだった夜目刑事がすぐに死んでしまったんですよ。

呆気ない・・・もう少し活躍してくれると思ったのですけれどねー。

残念としか言いようが無いけど、物語的には宇相吹さん一人でも進むので問題ないか。

合掌。

まとめ

思い込みで人を殺してしまう宇相吹。

彼はどのようにして殺人を犯すのか。

そして彼の行く末に何が待っているのか。

もしかして、最後は自分すら殺すのかも。

なんて個人的には考えています。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

Handyコミックで読む(スマホ版)

BookLiveで読む(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

好みのジャンルはファンタジーから恋愛物まで暴食型。週刊は読むの辞めました・・・。近況報告:今は月刊マガジンか大体単行本をメインに買ってるかな?マンガ、アニメ、ゲーム等々サブカルチャー好きの20代。興味が湧けば何でも読むし、なんでもする。ゲームならアクションからRPG、STGにノベルゲーとなんでもござれ。スポーツ系はちょっと。体育会系理論は最近理解出来るようになってきた。 格好いい物も好きだけど、どっちかと言えば可愛い物の方が好き。萌えというより可愛いが好き。可愛い女の子より可愛いぬいぐるみが好きな感じかな。少女漫画だけは未だに手が出づらいけど興味はある、そんな20代前半男子。