「神様ドォルズ(漫画)」最終回のネタバレ!各々の戦いの結末は

「神様ドォルズ(漫画)」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「神様ドォルズ」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「神様ドォルズ」無料試し読みへ(PC版)

「神様ドォルズ(漫画)」最終回のネタバレ

最終決戦だらけとなっています。

最初は詩緒が玖吼理と共に阿幾に挑むものの、暗密刃の覚醒状態により、どう頑張っても勝てないのです。

 

それでも、挫けそうになる心を奮い立たせる詩緒。

『負けない・・・負けぞ』

成長し、強くなった詩緒ですが、ただそれだけでは阿幾&覚醒状態の暗密刃には勝てなかった。

だから、匡平に玖吼理を譲ろうとするのですが、匡平はそれを拒否。

 

何も持たず、単身で阿幾&暗密刃の下へ赴き、無謀な戦いを始めようとしていたのです。

しかし、それを良しとしない者がいました。

それは玖吼理。

意志など持たないはずの玖吼理には、自我とも呼べる意志が芽生えていたのです。

詩緒も共に行くというものの、玖吼理は連れて行く気はないと返答。

 

すでに素手で戦っていた匡平の下へ駆けつけた玖吼理。

こうして、本気を出した2人による戦いが繰り広げられていきます。

そして、結果としては相打ちに近い形で幕を閉じる。

だが、結末は呆気ない終わり方となってしまう。

 

匡平&玖吼理が組み王道的な展開で、阿幾&暗密刃に挑む燃える展開。

その後に襲ってくる因果応報とも言えるような結末。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

コミなび「神様ドォルズ」を読む(スマホ版)

BookLive「神様ドォルズ」を読む(PC版)

感想について

熱い最終決戦。

そして、ちょっと後味が悪く、だけど未来が有りそうな終わり方

この言葉がピッタリと当てはまるようなラストでした。

 

ラストの戦いは、最早戦いというよりは、感情のぶつけ合いでしたね。

 

 

色々とお互いに納得して飲み込んでいた部分もあった。

だけど、やっぱりこうやって戦う前には、お互いに認め合った友達であったこと。

ならば、男としてやることは1つしかなったのでしょう。

ハッキリと白黒付ける形で、ね。

 

でも、結末は・・・という感じで、匡平と阿幾の物語は幕が降りてしまう。

とはいえ、結果的には阿幾が達成したかった目的は、達成しているようなもので、本人としては満足かもしれません。

まとめ

物哀しい感じもしますが、ラストには新しい未来の息吹を感じさせるものがあります。

もう少し、せめて4コマ的な番外編でも良かったので、匡平と日々乃の関係を読ませて欲しかったかな。

それだけが心残りと言える最終回でした。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

コミなび「神様ドォルズ」を読む(スマホ版)

BookLive「神様ドォルズ」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です