「少女ペット」3巻のネタバレと感想!虚人が隠していた衝撃の過去

「少女ペット」3巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

前の巻はこっち。

「少女ペット」2巻のネタバレと感想!暴走し始める歪んだ欲望

2016.07.22

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「少女ペット」無料試し読みへ(PC・スマホ共通)

 

「少女ペット」3巻のネタバレ

本物の川嶋さんを作り上げるために・・・。

そんな思いから、少女ペットのオフ会で知り合った後藤を監禁し始めた虚人。

ところがその最中、後藤の少女ペット、ネネが死んでしまいます。

 

世間では連続殺人事件や、少女ペットの不法投棄も相次ぎ、警察が警戒を強めている現状。

ネネの不法投棄をした虚人は、そこから足がつくのではないかと不安に駆られてしまう。

 

そんな虚人のバイト先に、再び新宮が現れます。

新宮は、ペット少女のブリーダーにならないかと、誘いをかけてくるのです。

頑なに拒む虚人。

それならと新宮は、中学時代に虚人が川嶋咲姫を殺したことを、警察にバラすと脅してきます。

 

さらに新宮は、虚人も参加した初回の少女ペットオフ会の話をしだします。

その会を唯一、欠席していた「ダウト」という人物が、自分だと新宮は告白。

結局、川嶋咲姫に似せた少女ペットを飼育していることも、新宮に知られていたわけです。

逃げられないと悟った虚人は、とうとう新宮の提案を飲むことに。

 

憂鬱な思いで帰宅した虚人ですが、そんな自宅では後藤が自殺を図っていました。

慌てて救助した虚人によって、一命を取り留めた後藤。

安堵した虚人は、もう後藤を解放しようと決めます。

しかしその瞬間、後藤に止めをさした川嶋さん。

突然の暴挙に呆然とする虚人。

 

しかも訪問してきた平坂に、無残な状態の後藤を平坂に見られてしまうのです。

動揺を隠せない虚人。

けれど平坂は冷静に、後藤の身体をバラして捨てることを提案する。

半ば流されるようにことを終え、途方に暮れる虚人。

虚ろな除隊の虚人に平坂は、笑顔で虚人の誕生日を祝い、運命共同体だと告げてきました。

 

平坂からも逃げられなくなった虚人。

それからというもの平坂は、自分本位な好意を過剰に押し付けてくるようになります。

新宮と平坂に逆らえず苦しむ虚人。

そんな虚人を見ていた川嶋さんは気付きます。

 

虚人が元気ないのは、「犬」である「クロ」がいなくなったから。

それなら、今度は平坂を「クロ」にすればいいのだと。

虚人に嫌われないために、平坂を監禁して躾始めようとする川嶋さん。

虚人の予定とは、どんどんズレていく現実。

狂い始めた現実は、この先、虚人にどんな運命をもたらすのか。

 

詳しい内容は、本編をチェックしてみてください。

BookLive「少女ペット」を読む(PC・スマホ共通)

「少女ペット」3巻を読んだ感想

本当にまともな神経の人がいないな、と感じる3巻でした。

普通に見えた人ほど、歪んでます。

むしろ、アブノーマルそうな人ほど、まだまともでした。

そして、とうとう後藤さんが死んでしまいました。

ですが、その結果に一番動揺していたのが虚人だったのは、ちょっと意外。

 

2巻の終盤、あれだけ異常さを見せ始めていた虚人だったのに。

そのせいか今回の3巻は、虚人よりも新宮と平坂の異常さが見えた回でした。

この2人、虚人への執着加減が異常すぎます。

勿論、川嶋さんも虚人の育成のお陰で、どんどん過激なヤンデレに。

その他にも今回は、今後絡んできそうな警察の2人が出てきました。

 

ただ、死亡フラグのような雰囲気もあるので、個人的にこの2人の命が心配。

読めば読むほど、バッドエンドしか想像できない結末。

しかし、その結末へとどう向かっていくのか。

そこがとても気になります。

まとめ

過去と現在に亘り、2人の少女の死に関わっている虚人。

最早、そのことを知る新宮と平坂からは逃げられなくなりました。

そんな中、平坂を監禁しようとする川嶋さん。

 

歪んだ欲望を持つ人々によって狂い始めた現実。

この先の行く末は、いったいどうなるのか。

なんとなく結末は読めても、その過程がまったく想像できない作品だと思います。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「少女ペット」を読む(PC・スマホ共通)

 

次の巻は下から。

「少女ペット」4巻のネタバレと感想!虚人のクズっぷりに大注目

2016.07.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。