「少女ペット」4巻のネタバレと感想!虚人のクズっぷりに大注目

「少女ペット」4巻のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

前の巻はこっち。

「少女ペット」3巻のネタバレと感想!虚人が隠していた衝撃の過去

2016.07.26

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「少女ペット」無料試し読みへ(PC・スマホ共通)

 

「少女ペット」4巻のネタバレ

ちゃんと躾ければ、また虚人が笑顔になってくれる。

元気のない虚人のために、川嶋さんは平坂を新たな「クロ」として監禁し始めました。

しかし、平坂と新宮が繋がっていたことを知ってしまった虚人は頭がいっぱい。

最初のオフ会の時から、虚人の情報を新宮に流していたのは平坂だったのですから。

 

そればかりか、新宮に呼び出された虚人は、新宮の職場で意外な人物と再会することに。

その人物とは、オフ会のメンバーである「ギャル王子」。

なんと彼は、少女ペットの制作会社WFFのプログラマーでした。

新ビジネスのため、手を組んでいたWFFと新宮。

つまり、平坂だけでなく「ギャル王子」も、最初から新宮とグルだったわけです。

 

そして平坂は、更に駄目押しともいえる秘密を打ち明けてきます。

それは、本物の平坂咲姫が生きているということ。

虚人は教えられた通り、平坂が看護師として勤める病院へ。

するとそこには、確かに本物の川嶋さんが昏睡状態で入院していました。

本物の川嶋さんが生きていた。

 

その事実を喜んだ虚人は、ペット少女の川嶋さんと平坂が邪魔だと感じます。

どうにか2人を始末するための算段をつけようとする虚人。

ところが、そんな川嶋さんの病室に警察がやって来ます。

それは、川嶋さんの病室担当だった平坂を探している稲生でした。

警察に捕まりたくない虚人は、帰宅後、平坂の言葉に従うことに。

 

虚人は平坂を解放し、少女ペットの川嶋さんの処分を決めるのです。

そんな中、目を覚ました川嶋咲姫。

喜ぶ虚人でしたが、川嶋さんの傍には当たり前のように黒瀧が存在。

黒瀧は、中学時代から川嶋さんが好きだったというのです。

 

けれど虚人は、川嶋さんを救いもしなかった黒瀧が許せません。

川嶋さんに必要なのは自分だけ。

そして、黒瀧をその手にかけた虚人は、川嶋さんに迫るのです。

今度こそ自分が川嶋さんの願いを叶えてあげる、と。

 

詳しい内容は、ぜひ本編をチェックしてみてください。

BookLive「少女ペット」を読む(PC・スマホ共通)

読んだ感想

今回の4巻は、今までの色々なことが分かってきました。

1人1人の心情も、少しずつ見えてきたような気がします。

まさかギャル王子が再び出てくるとは、思いもよりませんでした。

彼の再登場にも驚きましたが、やはり川嶋さんの登場が衝撃的です。

なにせ、生きていましたからね。

 

しかも、昏睡状態から目覚めちゃいました。

それを知った途端、ペット少女の川嶋さんと平坂が邪魔だと結論を出しちゃう虚人。

その上、情けなく保身に走ります。

そんな虚人が好きだと言う平坂さんも、かなりぶっ飛んだ思考の持ち主です。

 

保身に走った虚人の呆れちゃうほど自己中心的なお願い。

それに対して、しょうがないなぁ、で済ませちゃうのですから。

監禁されてメチャメチャ殴られたりした筈なのですが、どういう思考なんでしょう。

世のDVを許せる女性って、こういう思考なんでしょうかね。

さてさて本編では、とうとう警察も絡んできました。

 

3巻も少しだけ出てきましたが、今回は虚人とも接触。

この稲生さんは、何やら平坂さんと繋がる何かがありそうです。

詳細は明らかになっていませんが、息子さん関連でしょうか。

そして、警察に捕まりたくなくて平坂さんや、新宮くんの言いなりになっていた虚人。

 

なんと、あっさり黒瀧を殺しちゃうんですよ。

もう、何がどうなってんだ、と言いたくなっちゃいますね。

しかも川嶋さんのお陰で、平坂さんを監禁していたことも稲生さんにバレちゃう始末。

この先、虚人は本当にどうなるのでしょうか。

「少女ペット」5巻最終回のネタバレと感想

まとめ

「少女ペット」は全シリーズ5巻です。

次の巻で完結となるのですが、本当に終わるのでしょうか。

それくらい、色々な問題が散乱しています。

次巻の5巻が、怒涛の展開になるのは確実だと思います。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

BookLive「少女ペット」を読む(PC・スマホ共通)

 

次の巻は下から。

「少女ペット」5巻のネタバレ!最終回の結末で虚人たちはどうなった?

2016.07.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。