「監獄実験~プリズンラボ~」あらすじとネタバレ!漫画の試し読みはココ

「監獄実験~プリズンラボ~」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「監獄実験~プリズンラボ~」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「監獄実験~プリズンラボ~」無料試し読みへ(PC版)

「監獄実験~プリズンラボ~」のあらすじとネタバレ

学校で虐められ続けた江山。

ある日、自分の部屋に一通の郵便物が届けられていることに気付く。

中身に書いてあることを読むと、あるゲームの招待状らしい。

その招待されるゲームというのが『監禁ゲーム』というもの。

送り主曰く、「人生を変える機会(チャンス)与えるものです」というのだ。

 

バカバカしいと思った江山は自室に戻りつつも、そのゲームのルールを読むのだった。

ルールは単純。

  • 期間は1ヶ月
  • 参加者は監禁するパートナーを選ぶ
  • 監禁されるパートナーは殺さなければ、何をしてもOK
  • 最後まで名前を当てられなければ監禁者(プレイヤー)の勝利
  • 監禁者の名前を当てれば、パートナーに1000万の賞金が出る

以上が、封筒に記載されていたルール。

 

無意味だと思った江山は、一旦寝るのですが、夢の中で殴打される夢を見てしまいます。

そして、起きた時に自分の人生をが壊されるかもしれない・・・という恐怖に襲われたのでした。

自分の人生を変えるために、江山は行動を起こす。

監禁パートナーに選んだ相手は、絵山をイジメる桐島彩という女の子。

 

江山は桐島に気付かれず1ヶ月間、無事に過ごすことが出来るのか。

イジメ続けた相手とは知らずに、監禁されることになった桐島の運命は。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「監獄実験~プリズンラボ~」を読む(スマホ版)

BookLive「監獄実験~プリズンラボ~」を読む(PC版)

感想について

いじめられっ子がいじめっ子に復讐っていうベタな展開です。

ありがちなパターンをどうやって上手く緊迫感溢れる場面で描けるか。

ここが作品のポイントとなるでしょう。

また、監禁者とパートナーの対決だけでなく、監禁者同士の心理戦も行われるんですよね。

時に協力したり、時に情報交換し、お互いを利用し合い・・・という感じです。

 

さて、話は切り替わって、本編の感想に移りましょう。

なんというか、もしかして江山に対して桐島って好意でも持っていたんじゃないの?

そんな風に思わざる得ないんですよね。

ここまで徹底的に桐島が、江山をイジメ抜く理由がイマイチ分からないんですよ。

なので、好きの反対は嫌いじゃなくて憎しみ、という感じに桐島の中で変化しちゃったのかなー、と。

 

そうじゃないと、あそこまで固執する理由がありませんからね。

この辺りが、徐々に話が進む毎に明かされていくのを期待したいと思います。

全く関係無くなるのですが、こうやって書いていて桐島がTV版エヴァのアスカみたいだなー、と思っちゃいました。

アスカの例えは、私の感想の内容が合ってるとしたら、ですけれどね。

まとめ

元々はWeb小説が原作の物らしいですね。

確か、同じような場所のだと「生贄投票」がそうだった気がします。

「生贄投票」ネタバレと感想

 

既に「監獄実験」は、原作小説は終了しています。

漫画を読んで気になった人は、原作のWeb小説に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「監獄実験~プリズンラボ~」を読む(スマホ版)

BookLive「監獄実験~プリズンラボ~」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です