「検察官キソガワ」あらすじとネタバレ!人の感情や心情描写が凄い

「検察官キソガワ」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「検察官キソガワ」無料試し読みへ(スマホ版)

「検察官キソガワ」のあらすじ&ネタバレ

人の「情」を信じることで事件に接していく検察官の木曽川。

元動物行動学者という肩書を持っており、木曽川は検察官の中でも異彩を放っていた。

そんな彼の元には、毎回多くの問題が送り届けられてくる。

今日もまた、その1つの問題が木曽川の下へ送られてくる。

 

送られてきた内容は、13歳で3人の男を殺してしまった少年についてだった。

実は、この少年は過去にも一度取り調べを受けていたのです。

その時の内容は、家庭内での虐待。

 

少年は両親と住んでいましたが、父親は後から来た中田という男にひどい虐待を受けていたのです。

当時、その事件に関わった木曽川は、当時の少年を思い返します。

木曽川が会った時の少年は、強い目をし、瞳には強靭な意志を持っていたからです。

だから、木曽川は少年が何か別の理由で殺人を犯したのではないか、と考えるのでした。

 

その他にも、傷害事件を起こした女子高生との話。

上層部との対決など、検察官、捜査官の裏側に迫っています。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「検察官キソガワ」を読む(スマホ版)

感想について

犯罪の裏側、闇、心の内側をえげつなく描いた作品です。

犯罪を犯した人間に対して、容赦しないのですが、厳しくも優しく諭す木曽川が描かれていたりします。

もちろん、本作は事件後の出来事に焦点を置いているため、事件解決のスッキリさを求める人には不向きかもしれません。

でも、この木曽川の中には、人が忘れてはならないような思いが込められています。

 

例えば、特に印象深いのが女子高生の話。

なぜ、人を殺してはいけないのか。

この質門に大人たちが誰一人として答えられていないんですね。

それは、誰もが当たり前のことだと思って過ごしてきたから、的確な答えを言えなかったんです。

 

その現場に通りかかった木曽川が、あくまでも1つの答えとして女子高生に諭すのです。

そのシーンを読んだ私は、思わずなるほどな・・・と呟くほど見事な流れとなっていました。

きっと、木曽川が女子高生へ諭したシーンを読むと、私と同じ感想を抱くと思いますよ。

まとめ

全5巻と短いのですが、1話毎の内容が濃厚でたまらないです。

ドラマ化もされていたらしいのですが、読めば読むほどドラマ向きでもあるな、と納得させられました。

私は本作を読んで良かった、と心から言えますね。

良い作品でした、本当に。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「検察官キソガワ」を読む(スマホ版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です