「ラブ×ラブゲーム」ネタバレと感想!幼馴染とクラスメイトどっちを選ぶ?

「ラブ×ラブゲーム」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ラブ×ラブゲーム」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「ラブ×ラブゲーム」無料試し読みへ(PC版)

 

「ラブ×ラブゲーム」あらすじ&ネタバレ

この世界で人は生まれながらに自分のランクが決まっている。

主人公、瀬下心春(せした ことは)は常々そう思っていました。

星→並→闇というピラミッド

そして自分の位置は並くらい?

そう思っていた心春ですが返却されたテストの点数がなんと0点。

 

これは闇軍ギリギリか・・・。

テスト用紙を見ながらショックを隠せず下校する心春。

ショックを受けてテスト用紙を見つめていたところに強い風が吹いた。

0点のテスト用紙が風に乗って飛んで行ったところは・・・!?

 

「猿並み― ああ、猿に失礼か・・・」

テスト用紙を追いかけ、謝りながら心春が顔を上げるとそこに居たのは幼馴染。

「カナちゃ・・・んっっ」

名前を呼びそうになり慌てて口をふさぐ心春。

 

「宇賀神くん、どうしたの?お友達?」

「全然」

0点のテスト用紙を心春に投げつけ、女子と去って行く宇賀神奏(うがかみ かなで)

 

心春と奏は家が隣同士で小さいころからの幼馴染

昔はすごく仲が良くいつも一緒に遊んでいました。

しかし中学入学以降、お互いの住む場所がズレて、気が付けば全く話も出来なくなってしまっていました。

 

0点のテストが返ってきた翌日。

クラスで行われたくじ引きで当たりを引いてしまい、放課後芋ほりをすることに・・・。

「何?昨日から呪いなの?絶っっっ対呪いだよね!!!」

しかも、心春の他のメンバーはクラスの中でもピラミッドの頂上にいる星組

 

居心地が悪いなと思っていたとき星組の中の女子が声を掛けてきました。

「瀬下さん・・・ウチら急用でさ。ウチらの分も頼んでいい?」

星組の中で居心地も良くないし、ひとりの方が気が楽かも・・・。

そう思った心春は「いいよ」と返事をしようとした時です。

 

「ばっか!ざけんなよ!!!」

振り返ると星組の中の男子、市ヶ谷陽向(いちがや はるた)が吠えました。

「瀬下さんひとりに押し付けるなんて最っ低なことすんな!!」

星組の中でも一番人気の市ヶ谷。

「みんなでやるべ!!」

市ヶ谷がそう言うので、他のメンバーもしぶしぶ芋ほりをすることになります。

 

ちょっとゴタゴタがあった芋掘りも無事に終了。

そこで、なぜか市ヶ谷と一緒に帰ることになった心春。

いろいろと話をしているうちに市ヶ谷と心春は仲良くなっていき・・・?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

まんが王国「ラブ×ラブゲーム」を読む(スマホ版)

BookLive「ラブ×ラブゲーム」を読む(PC版)

感想とか

いやあ~、いくつになってもこういう少女漫画にドキドキしてしまうもんですね。

やっぱり主人公が普通の女の子っていうところが感情移入しやすいんですかね。

心春は見た目並クラスなんだろうけど、素直なところとか笑顔とか可愛いと思います。

市ヶ谷くんはそういうところに惹かれていったのでしょうね、わかります。

 

クールな感じの幼馴染と、元気で明るいクラスメイト。

男の子二人も対照的な感じで魅力的。

疎遠になってしまった幼馴染の奏くんですが、結局のところ心春が好きなようです。

そして仲良くなっていくクラスメイトの市ヶ谷くんも心春に惹かれていきます。

奏くんも市ヶ谷くんも人気者っぽいので、今後ドロドロしちゃうのかな?

まとめ

頭が良くてカッコいい幼馴染の奏。

心春は小さいころからずっと奏のことが気になっていました。

しかし、心春にとって奏は住む世界が違う人。

奏も最近は心春に対して素っ気ない態度を取っていました。

 

しかしクラスメイトの市ヶ谷と心春が仲良くしているところを目撃―

心春のことが気になってくる奏。

そして、市ヶ谷も次第に心春のことを好きになっていき―

幼馴染クラスメイト、心春はどちらを選ぶのでしょうか!?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「ラブ×ラブゲーム」を読む(スマホ版)

BookLive「ラブ×ラブゲーム」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)