「王子様と灰色の日々」最終回のネタバレと感想!揺れ動く心の行く末

「王子様と灰色の日々」最終回のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「王子様と灰色の日々」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「王子様と灰色の日々」無料試し読みへ(PC版)

「王子様と灰色の日々」最終回のあらすじ

至のために頑張る遼に惹かれていき、初めて恋心というものを知った敦子。

至の身代わりになったまま、元服式が近付いてくる。

乃木家に対する、遼の裏切りを知った敦子の心は乱れるが・・・。

ネタバレ

至の身代わりも段々板についてきた敦子。

至のおじいさまに会っても、執事の渋沢さんや、遼よりも冷静に演じることができるようになっていた。

単純に嫌だった身代わり。

 

自分の知らない至の話は、至が聞くべきであり、自分がここにいるべきじゃない。

早く至が見つかって解放されたいと思っていたはずなのに、敦子はもう少しここにいたいと思うようになっていた。

それは、遼のことが好きになっていたからー。

そして至の身代わりで迎えた乃木家の元服式。

そこに現れたのはー?

 

灰色の日々を過ごしてきた2人が出会って、2人の日常は大きく変化していきました。

一体、彼女たちが迎える運命とは。

詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いて確かめてみてください。

まんが王国「王子様と灰色の日々」を読む(スマホ版)

BookLive「王子様と灰色の日々」を読む(PC版)

感想

超貧乏な女子高生と、大金持ちの御曹司が実はそっくり。

いなくなった御曹司の身代わりを務める。

・・・という、王子と乞食そのままのお話でしたが、いよいよクライマックス。

そもそも、二人がそっくりなことに気付いた時から、至に女装癖があることが分かっていました。

 

なので、謎が明かされるとか展開ではなく、あくまでも揺れ動く心を見つめるような、繊細なお話になりました。

それがこの絵柄とマッチしていたと思います。

正直言って、そんなに画力が高いタイプではなく、顔の書き分けが出来ているタイプの絵ではないです。

表紙はすごく綺麗なんですけど、動くとちょっと印象が変わりますし。

それに、女子高生と男子が入れ替わるのは無理があるだろうと思います。

 

喉仏ないし・・・。

二人がそっくりと言われても、いや、みんな顔違わないし・・・。

と、最初のころは思っていたものです。

作者様はBLも書かれるので、この設定なのかなという気がしなくもないですが、ま、それは置いておきましょう。

 

しかし、先ほど画力が高くないと言ったにも関わらず、絵がすごくいいのです。

これがすごく繊細な世界を作り上げている、とすら思います。

ああ、好きになったんだな、と分かる表情をしているのです。

大して長い台詞を喋るわけでも、長文モノローグをぶちまけるわけでもないのです。

 

でも、微妙な表情で、その時の感情がこちらに伝わってきます。

間とか、表情で語っているような感じで、なんとも繊細で切ない物語です。

そして、最後の粋な計らいも素敵でした。

余韻が長く後を引くような感じがします。

まとめ

最初は、敦子と至の身代わりがどうなるのか、という感じで読み始めましたが、登場人物の心の変化がいいです。

何度もいいますが、表情が豊かで、惹きこまれます。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「王子様と灰色の日々」を読む(スマホ版)

BookLive「王子様と灰色の日々」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映画でも漫画でもゲームでも面白いものが好きです。と言っても、ギャグ一辺倒ものよりは、すごく笑える小ネタがあるものが好みです。最近はweb漫画ならではの練られた構図やパラパラ漫画風の表現に驚かされてばかりです。