「千年万年りんごの子」あらすじとネタバレ!夫婦が織りなす愛の形とは

「千年万年りんごの子」のあらすじとネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「千年万年りんごの子」無料試し読みへ(スマホ版)

BookLive「千年万年りんごの子」無料試し読みへ(PC版)

あらすじ&ネタバレ

雪之丞という名の男は、実の親ではない両親からつけられた名前。

捨て子として拾われ、有名大学を卒業する。

その後、見合いでリンゴ農家の朝日と婿養子として結婚。

家をすぐに出たい一心で見合いを受け入れた雪之丞。

 

リンゴ農家を継ぐため、実家のために入り婿に来いという朝日。

“僕たちは似合いじゃないか”

結婚翌日から大家族リンゴ農家の手伝いをする雪之丞。

その中で知っていく朝日の体温の低さ。

 

手から離れると、冷たくなって暖かさが消えていく。

嘘笑いができる自分と、それができない朝日。

都合のいいもの同士だったはずが、いつの間にか朝日に惹かれていたことに気付く。

そんなある日の、寄合の帰り。

 

帰路の途中の黒森のリンゴがなっていて、雪之丞はそれをもぎ取り、熱の引かない朝日にすりおろして食わせた。

他の人にも食べさせようと包みを広げる。

すると、そこにあったのは、リンゴではなく、土塊だった。

そこにいた家族全員がそれを見て凍りつく。

 

「それはどこからとったのか」と。

雪之丞は平然と、黒森からリンゴをとったという。

おぼなす様の木で、祝福をもらうそう。

だから、絶対にとってならない禁忌であった。

 

そのリンゴを食べた雪之丞の妻、朝日は目が覚めると髪が伸び、爪も常軌を逸した早さで伸びていた。

おぼなす様の嫁となる前兆にすぎなかったのだ。

一年後に開催されるオネリ。

その時におぼなす様の嫁として連れていかれる……。

 

徐々に朝日に変化が表れ、背が小さくなっていくのだ。

雪之丞はよく知りもせず、黒森のリンゴを朝日に食べさせ、あまりここの土地のことを聞かされぬまま、日がたっていく。

雪之丞が知っていく時には、朝日の変化は止まらない。

雪之丞はこのままおぼなす様の嫁となっていく朝日を見て見ぬふりをするのか。

 

ただの埋め合わせのような2人が、お互いにかけがえのない存在になっていく過程。

その詳しい話の内容は、ぜひ単行本を覗いてみてください。

まんが王国「千年万年りんごの子」を読む(スマホ版)

BookLive「千年万年りんごの子」を読む(PC版)

感想

リンゴ農家の朝日という女の子は、読んでみれば一目瞭然なのですが、田舎にいる活発的で笑顔が印象的な女の子です。

幼ささえ匂う彼女との結婚生活は、嘘笑いばかりする雪之丞にとって刺激的だろうと思いました。

嘘笑いができないんですから、雪之丞は憧れる存在でしょうね。

そんな彼女が自分の所為で、おぼなす様とかいう禁忌によって他の嫁となるのです。

嫌だ!という感情が湧いてくれると私も嬉しいです。

まとめ

生まれてすぐ捨てられた男と、大家族のなかで育ったきた女の新鮮な結婚生活?の話です。

雪之丞の心の変化に着目しながら読んでほしいです。

私は、雪之丞が朝日をどうにかして守ってくれると願っています!

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「千年万年りんごの子」を読む(スマホ版)

BookLive「千年万年りんごの子」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です