「お慕い申し上げます」ネタバレと試し読み情報!欲に勝つのは大変だ

「お慕い申し上げます」のネタバレです。

感想も載せてあります。

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「お慕い申し上げます」無料試し読みへ(スマホ版

BookLive「お慕い申し上げます」無料試し読みへ(PC版)

「お慕い申し上げます」あらすじ

実家の跡を継ぐため僧侶となり、実家の副住職になった清玄(せいげん)29歳。

僧侶として妻帯しないと心に決めてはいたがそこは健康な成人男性。

言葉とは裏腹に色欲に負けっぱなしの悶々とした日々を過ごす毎日。

そんな清玄にある日お見合い話が転がり込んできて―!?

ネタバレ

佐伯清玄は実家であるお寺の副住職をやっています。

実家の跡を継ぐために僧侶となり、僧として妻帯しないと言ってはみたものの―

29歳、健康な成人男性。

色欲と煩悩に悩まされっぱなしの日々を送っていました。

 

そんなある日、清玄にお見合いの話が転がり込んできました。

妻帯はしないと決めているものの、檀家の縁で進められたお見合い話。

総代の顔を立てるという意味でお見合いをすることに。

 

お見合い相手としてやってきたのは清沢節子29歳。

二年前までマラソンの日本代表として活躍していた女性でした。

節子は中学時代から陸上をやっていて地元でも有名な人物。

清玄も中学時代、彼女にあこがれていたこともあり知っていました。

 

しかし妻帯しないと決めていた清玄は節子とのお見合いを断ります。

お見合いを断られた節子でしたが、なんと住職の元に弟子入りすることに!?

住職の元に弟子入りした節子でしたが、結局は清玄が面倒をみることに。

そんななか、近くのお寺に手伝いに行っていた清玄の同級生僧侶、高木清徹が戻って来ます。

 

色欲、煩悩を断ち切れず悶々とした日々を送る清玄。

清玄のお見合い相手で、お見合いを一度は断った元マラソン選手の節子。

清玄の同級生で僧侶になった変わり者の清徹。

お寺の中で三角関係が勃発してしまい―!?

 

気になる詳しい内容は、ぜひ単行本を読んでみてくださいね!

まんが王国「お慕い申し上げます」を読む(スマホ版)

BookLive「お慕い申し上げます」を読む(PC版)

感想とか

裏では色欲にまみれてエロいこともやってしまいますが、腐っても(?)お坊さん。

表ではためになる説教をかましてます。

色欲まみれのおまえがなに言ってるんじゃコラ!って思います。

思うんですけど、説教が良いんですよね。心に響くんです。

言ってる本人は色欲にまみr・・・(ゲフンゲフン)

 

一度はお見合いを断った清玄ですが、節子のことが気になり始めます。

まあ一緒に生活していたらそうなりますよね。

節子の方も清玄のことが気になっていた様子なんですが、そこに清徹が現れて―

清徹がこれまたイケメンなんですよね。

イケメンに優しくされたりなんかしたら、そりゃあ靡いてしまいますよねぇ・・・

 

どちらかというと男性視点寄りの恋愛マンガです。

ちょいエロ、寝取られ要素があったりしますが女性でも難なく読める内容だと思います。

色欲や嫉妬、執着などの煩悩と戦う人たちの心の描写が良くて共感できます。

また清玄や清徹の行う説法もわかりやすい言葉で心に響くものが多いのもポイントですね。

 

個人的には清玄と節子、清徹と節子という男女の関係も気になりますが・・・

否!清玄と清徹の関係が気になって仕方ありません!!(腐っててスミマセン><;)

小学校からの同級生で仲良かった二人。

そして清玄の説法で僧侶になろうと思った清徹。

清徹からその話を聞いて節子は清玄に嫉妬すら感じています。

そこんとこもっと詳しく!と思った次第であります。

まとめ

一度はお見合いを断りながらも節子のことが気になる清玄。

清玄に惹かれ始めたところに現れた清徹のことを好きになってしまう節子。

節子に対して思わせぶりな態度を取りますが、そんな気はなさそうな清徹。

この三角関係はどうなるのか!?

色欲、嫉妬、執着などの煩悩との苦悩の結末は如何に?

 

無料試し読みは、それぞれ対応のリンク先でタイトルを検索すると読めます。

まんが王国「お慕い申し上げます」を読む(スマホ版)

BookLive「お慕い申し上げます」を読む(PC版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

少女漫画も少年漫画も大人向けの漫画も読む雑食系大人女子() 持ってる漫画は2,000冊を超えているとかいないとか(把握しきれてない) 昔はファンタジーや恋愛ものをよく読んでいましたが、最近はBLにハマって腐女子化しております。まあある意味ファンタジーな恋愛ですし(笑)